女性用の青汁の効果は、栄養成分しだいです!

青汁を、美容と健康目的で賢く選ぶなら、配合成分を見極めましょう。

「青汁の栄養成分」は、8つの効能に分けられます。

8つの効能の内、配合成分がどのくらい効能を満たしているかで、その青汁の実力がわかります。このサイトでは、女性に効く青汁を配合成分で評価しています。






多くの青汁の効果を成分で評価しています!


ビタミ
ンミネラル
便秘
改善
お肌
改善
骨を
丈夫
ホルモン
バランス
冷え
貧血
気楽
睡眠
疲労
回復
青汁
野菜
コスト
総評

フレッシュフルーツ青汁


青汁三昧


ファンケル青汁

当サイトでは、「女性の美容と健康のための成分」がどのくらい青汁に含まれているか重視して、多くの青汁を成分評価しています。上の比較表のように、青汁の全成分を効能で分類し、青汁の青野菜・コストを加味して採点しています。




青汁が女性の美容や健康におすすめな理由

青汁を飲む女性
女性の美容に関しては様々な方法がありますが、やはり外面的なアプローチと同時に考えたいのは内面的なアプローチでしょう。
内面的なアプローチとしてはしっかりとした美容に良い栄養素を摂取するというものがありますが、その中でも青汁は実際に女性の美容や健康にとって様々な良い点があるので人気が高い商品です。

まず青汁で最も多く取れる成分といえば食物繊維でしょう。
これは実際に整腸効果が高く、さらには大麦若葉や明日葉・ケールなど天然成分でありながら栄養素がたくさん入っているので安全に健康を目指すことができます。

整腸効果は実際にお腹回りの健康だけではなく肌バランスの維持にも影響しているので、これによって栄養面を改善することによって肌の内側も綺麗にすることができます。

当然青汁の成分としてはビタミンミネラルが豊富に含まれていますが、ビタミンCなどは肌に効果的でありアンチエイジングにも良い作用があるので、これによって肌を内側から整えることによりメイクなどのノリをさらに良くすることができます。

このように青汁は野菜不足を補えるだけではなく腸内環境の改善や肌バランスの調整、そしてアンチエイジングと様々なメリットがあるので女性におすすめです。

青汁に含まれる主な野菜


青汁といえばケール大麦若葉などが代表的な原料となりますが、栄養を補い、飲みやすくするために多くの野菜が青汁には含まれています。
今回は、青汁にどのような野菜が含まれているのかを調べてみました。

・人参
緑黄色野菜の人参にはカロテンが多く含まれています。カロテンはガンや様々な病気に対して有効で、特に人参は緑黄色野菜の中でも飛び抜けて多い カロテンを含んでいるため、積極的に摂取したい野菜です。

・ブロッコリー
アブラナ科の野菜であるブロッコリーにはジチオールチオニンやインドール類などのガンを抑制する物質がたくさん含まれています。

・ほうれん草
ほうれん草の代表的な栄養素として鉄分があげられます。ほうれん草にはレバーと同じぐらいの量の鉄分が含まれていますが、鉄分は赤血球を作るのに必要な栄養素です。
鉄分が不足すると貧血などの症状に繋がるのでやはり摂取しておきたい成分です。

他にもレモン・リンゴ・アスパラガス・たまねぎ・大根・キャベツなど数多くの野菜が青汁には含まれています。
野菜に含まれる栄養素の中には熱で破壊されてしまうものがありますが、生の野菜で作る青汁ならそれらの栄養素も効率よく摂取することができますね。

青汁に加えられる美容成分・栄養成分の例


青汁は、一昔前まではCMの影響もあり、「おいしくないもの」というイメージで 健康によいものだからまずいのをガマンして飲んでいる人も多かったようですね。

けれども、現在はさまざまな青汁が出回っており、その成分もいろいろです。

先にも挙げたように主な原材料はケール、明日葉、大麦若葉などで、豊富に含まれている成分としては ビタミン、ミネラル、食物繊維などがあげられます。
ビタミンCは、抗酸化作用があり、美白や美肌効果が高く、アンチエイジングにもピッタリ。

ビタミンB群の中でもB1は疲労回復、B2は脂肪を燃焼したり、皮膚の細胞を作りだす作用があります。 ミネラルは骨や組織の構成に欠かせない成分です。

食物繊維は、女性にとって永遠の悩みである便秘の改善にとても有効ですね。
また、腸内環境が整うことで、摂取した他の成分の吸収が劇的によくなるという大きなメリットもあります。

これらはほとんどの青汁に含まれる代表的な成分ですが、特に美容に特化した青汁の場合は さらにさまざまな成分が配合されています。
たとえば、保水力アップのヒアルロン酸、保湿効果のセラミド、ハリや弾力保持のコラーゲン、 ツヤを保つローヤルゼリーなどが多いようです。
その他、豆乳入りのものには豊富な大豆イソフラボンが配合されており、 ホルモンバランスを整えて、美肌効果や更年期障害の改善も期待できます。

しかも、美容に特化した青汁は味も配慮されていることが多く、飲みやすいため毎日続けられるところもいいですね。

当サイトでは、こういったサポート的な成分も加味して青汁を評価しています。



無理なく続けられる青汁ダイエットの方法


青汁ダイエットの魅力は、青汁を水や豆乳などに溶かして朝や晩の食事の時に摂取するだけという手軽さにあると言えます。
効果的なダイエットの方法のコツとしては食前に青汁を飲むといういたってシンプルなものです。

青汁はケールや明日葉、大麦若葉といった豊富な食物繊維を含んでいる野菜が原材料なので、食事の直前にまず青汁を一杯飲むことで食物繊維が糖質や脂質の吸収をブロックしてくれるため太りにくい体質になるのです。

さらに青汁を豆乳などで混ぜて飲むと、かなりの満腹感が得られるので食前にある程度お腹が一杯になって夕食の食べ過ぎを防いでくれます。
それにより短期間でもかなりのスピードでぐんぐん体重を落とす事が可能になるのです。

この青汁ダイエットのコツをしっかり守って毎日続けていれば、辛い空腹感を我慢する必要もないので無理なく青汁ダイエットを継続していくことができるのです。

青汁は豆乳や無糖ヨーグルトなどと混ぜて味に変化をつけるのも良いですが、シンプルに水と割るだけでもすっきりとした飲み口で食事にも合うので普通のお茶の代わりにしても飽きることもありません。


青汁とグリーンスムージーとの違い


青汁とグリーンスムージー、その大きな違いは手軽さと糖分です。

青汁はすでに粉として売っています。それを買い粉をコップにいれシェイクするだけで出来上がります。
対してグリーンスムージーはレシピを本やネットで調べて沢山の野菜を買い込み、毎朝欠かさず作る必要があります。

グリーンスムージーにも粉にして飲むタイプなどお手軽なのも見受けられますが、青汁が一杯100円以下で作れるのに対してグリーンスムージーの粉末はそれより割高な印象を受けます。

それから、グリーンスムージーを飲む上で気をつけたいのが果物の糖分です。
フルーツの甘味は飲みやすさにつながりますが、意外な落とし穴になります。
ダイエットのためにグリーンスムージーをはじめたのに、果物の糖分によってなかなか体重が減らないということも多いようです。

今の青汁はとてもよく出来ています。味も長年の愛用者の方の意見を取り入れて美味しく飲みやすくなっています。
それでいて糖質もほとんど含まないので、ダイエット効果をより実感したいなら、青汁のほうがおすすめになります。


効果のある女性の青汁ダイエットの口コミとおすすめの飲み方を特集!

青汁ダイエットの口コミをみてると、本当に苦いのか飲みやすいのか、健康効果があるのかよくわかります。口コミからわかることと、青汁のおいしい飲み方をまとめました!



青汁の効果的な飲み方を知って、美容と健康の効果を高める!

青汁もただ飲むのではなく、効果的な飲み方を知れば、美容と健康の効果をギリギリまで高めることができます。青汁の効果的な飲み方とその健康効果をまとめました。

青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

青汁の美容健康効果は?
全部の成績表はこちら。

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験

人気のすっきりフルーツ青汁をレポートしました!

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら