トップページ >  > 青汁の美肌効果はこんなにあるの?青汁の美肌効果まとめ

青汁の美肌効果はこんなにあるの?青汁の美肌効果まとめ

青汁って何?青汁の始めに知ること


あなたは自分の美しさに自信がありますか? 真っ白でなめらかな肌の女性を見ると羨ましくなってしまいますよね。自分も白くて綺麗な肌を手に入れたいと女性ならば思うはずです。 でも、実際のあなたは仕事や家庭で疲れているので、肌はボロボロなのではありませんか?

最近、話題になっている書籍に「青汁メーカーの女子社員はなぜ3ヶ月目から キレイになるのか?」というものがあります。 これはある青汁メーカーに入社して、自社製品である青汁を飲み始めると 3ヵ月目あたりから驚くほどお肌がキレイになるということです。 そのポイントが飲み始めて3ヶ月だというのですが、 それにはいくつかのポイントがあるようです。

青汁には体を良くするいろいろな効果がありますが、実は美肌効果もあるということを知っている人は、意外と少ないのではないでしょうか。

特に、青汁の中には美容効果を目的にした女性向けの美容青汁もでてきているのが注目するところです。

青汁にどのような成分が含まれている、どのようにして美肌効果を発揮しているのかについて説明していきましょう。

青汁って何?

青汁とは、新鮮な生の緑葉野菜をしぼった汁のことです。緑の野菜を多く含み、色が青いことから青汁と呼ばれています。 ポイントは青汁に使われている野菜が生の状態であることです。新鮮さを消費者に提供するために、生野菜であることが前提とされています。

なぜ生野菜に拘るのか?それは、調理して熱を加えてしまうと壊れるビタミン、ミネラルなどの栄養素を最大限に摂取出来るようにするためです。青汁はその新鮮な野菜がたっぷりと含まれているので、ビタミンやミネラルなどの美容や健康に必要な栄養素を豊富に含んでいます。これらの栄養素を吸収することで、体を美しく健康的にしてくれるのです。

青汁は美容に良い飲み物

青汁には生野菜の栄養素が豊富に含まれています。ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンEは、特に皮膚の再生と修復を手助けしてくれる栄養素です。そして、シミを予防してくれる効果のあるビタミンCも、青汁ならばたっぷりと摂取することが出来ます。

青汁の主な材料は、大麦若葉、ケール、ゴーヤなどが挙げられます。特に大麦若葉には、「ペルオキシダーゼ」などの酵素活性が他の緑色野菜に比べて非常に高いのです。酵素を体内に取り入れることで元気に若々しい体をキープすることが出来ます。

青汁の含まれている豊富な栄養素は、現代の人々がなかなか摂取出来ていないものばかりです。しっかりとこうした栄養素を摂取していくことで、肌はきめ細かくなり、シミやシワなどの肌トラブルを解決してくれます。

青汁はとても手軽に飲める

青汁はその色のイメージから、「とても苦そう」「不味くて飲めない」などのネガティブな感情を持たれています。確かに青汁をそのまま何も手を加えないで飲むのは難しいかもしれません。青臭さや舌に感じる苦味はとても強いでしょう。

しかし、最近の青汁は改良が重ねられているので、子供でもスッと飲めてしまいます。味を調整することで青汁独特の青臭さも舌触りも改善されています。やはり美しさや健康をキープするためには、長く続けられる味でなければいけないのです。

最近では青汁をパウダー状にして販売しており、いつでも水で溶いて飲むことが出来ます。直ぐに水に溶けるようになっていますので、手軽に飲むことが可能です。 青汁を習慣づけることで、シミやシワなどの肌トラブルを解決することが出来るでしょう。

青汁はどんなときに飲めば良いか?



今のあなたの肌はどんな状態でしょうか?触ってみて、たるみや弾力が不足していると感じたら、青汁を飲んでみてください。また、最近シミやシワが出来てきた人にもおすすめします。

あなたの生活習慣はどうでしょうか?最近寝不足が続いていたり、野菜を食べる機会が減っているのであれば、青汁で野菜不足を補うようにしましょう。 食事と一緒に青汁を飲むことで、体内に吸収されやすくなります。食事前後に飲むことをおすすめします。

青汁の美肌効果はこんなにあるの?青汁の美肌効果まとめ

青汁の美肌効果  「どんなにいい化粧水や乳液、石鹸を使っても、なかなか肌が綺麗にならない」と悩んでいる方はいませんか?スキンケアに気を配っても美肌効果が感じられない人には、青汁を飲むことをオススメします。

 しかし青汁といえば健康や栄養補給といった効果を思い浮かびますよね。青汁を飲むことがなぜ美肌に繋がるのでしょうか?それは、青汁が美肌を妨げるさまざまな原因にはたらきかけ、肌のトラブルを解消してくれるからです。

 具体的に、青汁はどのような美肌を妨げる原因に効果があるのでしょうか?青汁がもたらす美肌効果をまとめました。


青汁は美肌にいい成分をたっぷり含んでいる

 普通美肌というと化粧水やエステなどの肌への外側からのケアの事を考えるかもしれません。しかし美肌には私達が内側から何を摂取するかも大きく関係しています。

 特に私達現代人は野菜が不足がちですが、青汁によって必要な野菜、その野菜に含まれるビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取する事ができるのです。

 例えば、青汁によってどんな栄養素を効率よく摂取できるでしょうか?

 まずあげられるのがビタミンCです。青汁には天然のビタミンCが含まれており、そのビタミンCには抗酸化作用があり肌をいつまでもみずみずしく保つ効果があります。またビタミンCは美白効果、しみ対策にも良いと言われています。

 またコラーゲンの生成にも欠かせない栄養素ですので、肌全体のコンディションを保つのに非常に大切なこのビタミンCを効果的に取れる青汁は美肌面でとても大きな働きをする事が分かります。


便秘の改善が美肌に繋がる

 朝起きたら、肌が乾燥していた、ぼつぼつが気になる、化粧のノリが悪いというときはどうしても一日のテンションが下がってしまうものです。そのような肌のトラブルの原因の一つに便秘があります。

 便秘に長く苦しめられていると、身体の中に不純物がたまっている状態になり、身体の代謝の循環が落ちてしまいます。腸内環境が良くない状態ですと、その腸内の有害物質が血液を通して身体をめぐり肌のトラブルにつながってしまうのです。

「おなかがぽっこり出る」とか「肌の調子が悪い」という自覚症状があるのに、便秘への意識が非常に低いのが現代女性の特徴です。週末に下剤を飲んでトイレに入る、 「週末トイレ症候群」という人もいます。出したことで安心していますが、悪い腸内環境(悪玉菌が優勢)でうんちが溜まれば、その間に吸収された有害物質が体内を回 り、肌に影響するのも必然です。
引用元:若肌SOS

 早く改善したいところですが、この便秘はなかなか厄介で解消するのは難しいときがあります。現代人の食生活は偏っているため、便秘改善効果があることで有名な食物繊維を毎日きちんと摂り続けるのは困難だからです。

 しかし青汁には沢山の食物繊維が含まれているので、毎日一杯飲む週間をつけるだけで食物繊維不足を解消することができます。

 便秘を改善すれば体内に溜まった不純物が排出され美肌になれるだけでなく、お腹もすっきりして一石二鳥と言えるでしょう。


野菜は美肌に良いのは分かるけど青汁はどれだけの効果があるの?

 青汁には美肌効果のある栄養素が非常にバランスよく含まれています。では青汁でどれほどの野菜を食べた事になるのでしょうか?

 どの青汁を飲むかによって異なりますが、たいていの青汁には私達がいくらがんばっても毎日は定期的に摂取できないほどの野菜の成分が含まれています。ということは野菜に含まれている多くの美肌に良い栄養素が青汁一杯で摂取できるという事になります。

 しいて言うなら、大麦若葉を原材料とした青汁は食物繊維が豊富でおすすめです。青汁の原材料は大麦若葉の他にケール、明日葉、桑の葉などがよく使用されています。

 またサプリメントでビタミンなどを取るよりも自然の青汁を飲んだほうが体内に吸収されやすく、身体を中からきれいにして、結果的にはお肌もきれいになります。



青汁にはアンチエイジング効果もある

 私達の肌は年齢とともにつやがなくなったり、しみ、しわが増えたりします。その主な原因はターンオーバー機能が低下しているという事です。

 以前だったら肌のトラブルがあっても代謝がよいのでそれがすぐになくなっていたのが、代謝が落ちているために肌のトラブルが長く続いたり、くすみが出てきてしまいます。

 しかし青汁にはビタミンEと葉酸が含まれており、この栄養素によってターンオーバーが促進されます。またSOD酵素という肌のトラブルの元となる活性酸素を抑える事のできる栄養素も青汁には含まれており、これによって肌を若いときのように代謝を良くすることが出来るのです。


青汁には美容の王様とも呼ばれる"ビタミン"が多く含まれています。

中でも、ビタミンCはシミ対策としてサプリメントやドリンクなどでも活用されている成分の一つです。 肌の老化を進行させる最大要因の一つであるのが活性酸素と呼ばれるものです。

ビタミンCにはこれを抑える働きである抗酸化作用が含まれていて、肌の美容・アンチエイジングには不可欠なものなのです。 また、ビタミンCはタンパク質やコラーゲンなどの栄養素の生成にも活躍するので、身体の抵抗力や抗菌力も維持・向上させるための大切な成分なのです。

青汁は元々、ケールや緑葉野菜を絞ることからできていますので、これらビタミンなどの野菜の栄養素がそのまま摂取できることになります。


お肌に良い青汁はいつ飲めば良いのでしょうか?

 野菜を食べるのに何時が良いだろうかと考える事はあまりないように、青汁はいつ飲んでも体や美肌には大きな効果があります。

 しかし青汁を摂取するのに効果的な時間を強いてあげるとすれば、夜の10時から夜中の2時までです。

 そんな夜遅くに飲んで体に悪くないだろうかと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこの時間は肌のゴールデンタイムと言われています。この時間はお肌の調子を整えるホルモンが一番出ている時間という事です。

 ですからこの時間に青汁という最高の栄養素を注入してあげる事で、より一層の美肌効果があるという事なのです。

 ただし、ゴールデンタイム中は寝ることでより効率よく肌を作ることができるため、この時間に眠ることができる人はその少し前に青汁を飲むようにするといいでしょう。



青汁に含まれているビタミンEに美肌効果

 青汁には良質のビタミンEが含まれていますが、ビタミンEは美肌面にどのような効果をもたらすのでしょうか?

 ビタミンEにはSOD酵素同様、抗酸化作用がると言われています。私達の体の中は、酸化作用が始まってしまうと血液の流れが悪くなってしまいます。血液の流れが悪くなってしまうと代謝が悪くなり肌のツヤ・ハリがなくなってしまいます。

 ビタミンEを毎日摂取するのは大切ですが、青汁という自然の野菜の成分から採られたものなら安心して、そして気軽に摂取する事ができます


青汁にはデトックス効果がある。

 体の中に毒素がたまってしまう事があります。その毒素は肌荒れの原因にもなります。先ほど述べた、便秘が肌のトラブルの原因となるメカニズムと似ていますね。

 毒素は腸の中にたまる事が多く、そのような時に腸では悪玉菌が増えて善玉菌が少なくなっています。善玉菌を増やすには食物繊維が必要ですが、青汁には沢山の食物繊維が含まれています。

 また、青汁の中には善玉菌の一種である乳酸菌が含まれているものもあります。食物繊維と乳酸菌を摂ると、より腸の中の善玉菌が活発になり、腸の中の高いデトックス効果が期待できます。

 体の中の毒素を減らすことで体の内側から綺麗になり、お肌への効果も期待する事が出来るでしょう。


青汁は女性が産後に飲んでも大丈夫?

青汁は簡単で手軽な栄養補給方法で、産後の忙しい時期の栄養補給に便利です。子育てが始まり、忙しくなると栄養補給もおろそかうえ、ホルモンバランスの変化などもあり、肌荒れれなども起こりやすくなります。そんな時期に、青汁はお母さんに手軽に栄養を提供してくれます。

その一方で、青汁に含まれている成分によっては母乳を通して、赤ちゃんに影響が出ることも考えられます。
カフェインが含まれている青汁や、食品添加物などが多い製品も万全を期して避けたいものです。

それぞれの製品の原材料を確認して、安心して飲めるものを選びましょう。

ホルモンの健全な働きを助ける


ビタミンCにはアンチエイジング効果がありますが、青汁に含まれているビタミンEの存在によってその効果はますます高まることになります。

ビタミンEは俗に「若返りのビタミン」とも呼ばれていて、更年期障害などのリスクを軽減すると言われています。

さらに、活性酸素を抑える抗酸化作用もありますので青汁に含まれるビタミンCとの相性の良さによってよりプラスの効果が期待できる栄養素と言えるでしょう。

また、ビタミンEには女性ホルモンのバランスを整える効果もあるとされているため、妊娠率の向上や生理不順改善などにも活躍する力を持っています。

男性にとっては精子の数を増加させる、精巣を健全に保つ、などの効果があります。

また、女性ホルモンのバランスが整うことで、生理前のニキビや肌荒れを軽減できる場合もあります。


血液の循環を助ける


青汁にはβカロテンという成分も含まれています。

このβカロテンには、血液が血管内でとどまって酸化してしまう現象を防ぐ役割があります。

この効果から、血液のドロドロ化や動脈硬化が原因による様々な病気(脳卒中や大動脈瘤など)の予防を発揮することができるのです。

病気や冷え性の予防になるのはもちろん、他の美容成分が体の隅まで行き届きやすくなるという利点もあります。
さらにβカロテンはビタミンAに変化する作用もあり、抗酸化作用としての力も発揮する優れものなのです。

そして、ケールに含まれているプラジンという成分も血液の循環を助け、血液をサラサラにしてくれるという役割があります。

このプラジンはニオイが青臭く、きついのですが、青汁として飲みやすくされていることによって体内に摂取しやすい加工がされているのです。


万能!青汁に含まれるカルシウム


意外と知られていませんが、青汁にはカルシウムも含まれています。

カルシウムにはご存知のように、骨や歯の生成における必須ミネラルとして、それらを助けて強くするという効果がりますが、実はそれだけではありません。

カルシウムには神経を安定させたり、ホルモン・胃液・唾液などの健全な分泌を助けたり、身体の中の鉄分の働きを促したりなど、様々な効果があるのです。

また、青汁の原料であるケールはカルシウムの吸収性も助けるとされているので、相乗効果も期待できます。

こうした体内における様々な効果は、美容においての基本的な要素ばかりですので、青汁を飲むことにおける大切なポイントと言えるでしょう。


ダイエット効果


美容といえば、ダイエットという言葉を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
青汁にはダイエット効果もあるとされています。

その秘密は"食物繊維"です。

多くの青汁の材料に使われている、大麦若葉・ケール・桑の葉などの野菜には食物繊維が多く含まれています。

この食物繊維は、便秘の解消・改善や腸内環境の整備に活躍する成分です。

特に腸内の活動が不順であると、代謝や消化が悪くなり太りやすい体質を作ってしまうことになります。
青汁にはその原因をブロックする効果があるんです。

ただし、食物繊維の摂りすぎは腸を詰まらせたり、便秘の原因になったりと、逆効果になってしまうこともあるようです。

「美容に良いから!」と飲みすぎたり、自分の体質に合っていない食物繊維の多い青汁を飲み続けることは避けるようにしましょう。
食物繊維の摂取量は年齢(エネルギー摂取量)によって異なりますが、約1,000kcalに対して10gの摂取量が理想的と言われています。1日当たりの目安は次の通りです。
・30~49歳では男性が26g、女性が20g
・50~69歳では男性が24g、女性が19g
しかし、厚生労働省の調べによると、実際の平均的な摂取量は1日当たりわずか14g前後と全く足りていない状況のようです。(ちなみに1950年代の日本人は20gを超えていました。)食生活の欧米化やライフスタイルの変化によって、年々低下しているのが現状です。

引用元:青汁に含まれる食物繊維の量と質|スキンケア大学


口臭・体臭を元から抑える


自分自身の口臭や体臭というのは意外と気づかないものです。

それらの原因となるのは、食物に含まれる動物性タンパク質や脂質だとされています。
青汁には、これらの成分の吸収を抑える働きがあるのです。

さらに、青汁に含まれるクロロフィル(葉緑素)は体内の悪臭の原因を分解して消臭する働きがあります。

青汁にはこのように、ニオイを"誤魔化す"のではなく、元なる成分を失くしてしまうという優れた特徴もあるのです。

こうした効果は、身体の老廃物・不要物を失くすことにもつながりますので、当然美容に対しても良い働きをしているということになります。


ビタミンC、Eによる抗酸化作用

くすみやシミの原因のひとつとなる肌の老化は、活性酸素の働きによってもたらされるものです。活性酸素は免疫力をアップさせるなど体にとってなくてはならないものですが、必要以上に体内に存在すると正常な細胞まで傷つけてしまい、組織を劣化させてしまいます。これが老化の原因のひとつになっているのです。いつまでも若々しい、張りのある肌を保つためには、活性酸素による細胞劣化をいかにして抑えるかがカギになってくるのです。

青汁に含まれているビタミンC、Eには、この活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があるのです。活性酸素の働きを抑えることで、皮膚の細胞が老化してしまうのを防ぐことができます。これによって肌をいつまでも若々しい状態に保ち、美肌効果を発揮してくれるというわけです。

ただ、ビタミンCは水溶性なので摂取過剰を気にすることはありませんが、ビタミンEは脂溶性なので摂取過剰になる可能性があります。青汁を飲む際には、飲み過ぎにならないように注意しましょう。

食物繊維による便秘防止

便秘は体にいろいろな悪影響を及ぼしますが、肌の状態を悪化させる原因にもなるのです。便秘になると腸の中で便が腐敗してしまい、悪玉菌の影響もあって毒素が発生してしまいます。この毒素が腸内で吸収され、全身に回ってしまうことで、ニキビや肌荒れなどの原因になってしまうのです。

青汁に含まれているのは基本的に水溶性食物繊維なのですが、ペクチンのように便秘を解消してくれる効果を持っているものもあります。これが腸を刺激することで働きを活性化させ、便通を良化してくれるというわけです。便秘が解消されれば腸内で毒素が発生しなくなりますので、これに伴うニキビや肌荒れが解消され、美肌効果につながるというわけです。

ただ、食物繊維も摂取しすぎると、必要な栄養素まで吸収を阻害してしまうという問題点があります。青汁は1日2~3杯が上限ですので、上記のビタミンの件と併せ、くれぐれも摂取過剰にならないように気をつけてください。

ビタミンB群によるターンオーバー促進

体を洗うと出る垢は、古くなった皮膚の細胞などからなっています。表皮の下では常に新しい皮膚が作られており、古くなった皮膚は剥がれて角質や垢になるのです。これをターンオーバーといいます。

このターンオーバーを活性化してくれるのが、青汁に豊富に含まれるビタミンB群の働きなのです。ターンオーバーが活性化すれば皮膚は常に新しい状態に保たれ、張りのある肌になるというわけです。

付け加えると、ターンオーバーには皮膚内のメラニン色素を排出する働きもあるのです。日焼けをしても元通りになるのは、ターンオーバーが活発に行われることによって、メラニン色素が体外に排出されるからなのです。老化などによってターンオーバーが衰えてしまうと、メラニン色素がうまく排出されず、皮膚に残ってしまいます。これがシミです。シミを防ぐためにはターンオーバーを活性化してあげる必要があります。ここで役に立つのがビタミンB群の働で、ターンオーバー活性化によってシミを防ぐ美白効果も発揮しているというわけです。

美肌効果の高い青汁の選び方

 美肌のために青汁を飲むなら、食物繊維と抗酸化成分が豊富な青汁を選ぶことがポイントです。

 青汁の原材料にはケール・大麦若葉・明日葉・桑の葉などがありますが、その中でも食物繊維が豊富なのは大麦若葉を原材料に使用している青汁です。食物繊維は身体の中に溜まった不純物や毒素を便と一緒に排出し、身体の内側からキレイになるための成分です。

 抗酸化成分は、血液中などの活性酸素を除去し、身体を若々しく保ってくれる成分です。大麦若葉にはSOD酵素明日葉にはカルコンといった抗酸化成分が入っています。

 また、美白効果がありしみ対策にもなるビタミンCや、食物繊維と一緒に腸ではたらく乳酸菌が入っている青汁を選ぶとより美肌効果を得ることができます。


美肌効果の高い青汁の成分を比較

 身体の内側から綺麗になって美肌を得るためには、食物繊維と抗酸化成分が豊富で、ビタミンCや乳酸菌が含まれている青汁が効果的です。今回は、美肌に良いといわれている青汁を比較してみました。

 「フレッシュフルーツ青汁」の原材料である「大麦若葉」には食物繊維SOD酵素が、「明日葉」にはカルコンが含まれており、食物繊維と相性のいい乳酸菌も含まれています。

 また、その名の通りフルーツも含まれているためビタミンCも豊富です。フレッシュフルーツ青汁は、美肌になりたい方に一押しの青汁と言えるでしょう。

人気の青汁を原材料解析!美肌効果の高い青汁は?


多くの青汁を一目で比較できる、こちら↓の一覧表をチェックしてください。

一目でわかる!人気30種類の青汁の全成分調査表はこちら。

青汁の美肌効果まとめ

 化粧で多少の肌荒れは隠すことができるものの、お風呂や寝起きはすっぴん状態の自分を鏡で見ることになるので、できるだけ肌は綺麗でありたいですよね。

 青汁は身体の腸の不純物や毒素、血液中に溜まった活性酸素を改善してくれるため、身体の芯から綺麗になることができます

 生活リズムに合わせて美肌が作られるゴールデンタイムも活用し、若々しい美肌を手に入れましょう。
青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験!

人気のすっきりフルーツ青汁を徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら