トップページ >  > 青汁は生活習慣病にいい?青汁の効果・効能まとめ

青汁は生活習慣病にいい?青汁の効果・効能まとめ



青汁にはさまざまな健康や美容効効果が期待できます。 そもそも青汁というのは、種類は何であれ、緑黄色野菜をすりつぶして作ったもの。 慢性的な野菜不足の私たち現代人にとって、青汁は健康のための頼りになる味方なのです!そんな青汁の効能をまとめてみました。

むくみ解消

むくみの主な原因は、運動不足による血液循環不良や、塩分の過剰摂取などです。青汁に含まれる明日葉には「カルコン」というポリフェノールの一種の成分が含まれており、この成分が体内の血液循環を改善し、また老廃物の一緒に排出してくれるので、むくみ解消に効果的とされています。

更に、青汁に含まれる「カリウム」は、体内の余分な塩分を排出し、むくみにくくしてくれます。この二つの成分が豊富に含まれる青汁を飲むことで、むくみ解消効果が期待できます。

美容効果

青汁はアンチエイジングや美肌にも良いとされています。特に青汁に含まれているケール、大麦若葉、明日葉には抗酸化作用の効果があるため、細胞の老化を防ぎ、若々しい外見を保つことが出来ます。

また青汁には代謝をよくする効果があるため、ダイエットや美肌にも効果的です。代謝が悪いと老廃物や脂肪が溜まり肥満につながってしまいますし、また肌荒れの原因にもなってしまいます。そのため代謝を上げることで老廃物が排泄され、痩せやすい体質になり、また肌の状態も改善されてきます。

また最近ではコラーゲンや美容成分などが配合されている青汁も販売されているので、青汁に美容効果を求める方には特におすすめです。

便秘解消



青汁を飲むことで期待できる最も大きな効果としては、便秘解消が挙げられます。現代人の食生活は、どうしても肉中心となり、野菜が不足してしまいます。野菜の摂取量が足らないと、便の元となる食物繊維が不足し便秘となってしまいます。

便秘解消に一番効果的なのは、食物繊維の摂取です。野菜をそのまま摂取して、必要な量の食物繊維を摂取しようとしても、かなりの量の野菜を摂らなくてはならず、なかなか実現が難しいです。しかし青汁には少量で豊富な食物繊維が含まれているため、簡単に十分な量の食物繊維が摂取でき、便秘解消が期待できます。

更に最近では青汁の中でも、ビフィズス菌やガゼリ菌といった乳酸菌が配合されているものもあります。これらの乳酸菌は腸内環境を改善する効果がるため、より高い便秘解消効果が期待できます。

不眠症対策

青汁は不眠症対策にも効果的とされています。特に青汁に含まれるケールには、「メラトニン」という睡眠と深いかかわりのある成分が含まれています。

メラトニンはホルモンの一種で、日中人の活動を促進したり、夜には睡眠に導入するなど、人の生活リズムを調整しています。このメラトニンが不足してしまうと、生活リズムが乱れやすくなり、夜になっても寝付けなかったりと睡眠障害が起きやすくなってしまいます。ケールが多く含まれる青汁を摂取することで、正しい生活リズムを保つことが出来ます。

免疫力アップ

免疫力低下の原因は、加齢やストレス、睡眠不足、運動不足、食生活の乱れなど様々です。免疫量が低いと疲れやすかったり、肌荒れがしやすかったり、更に風邪やインフルエンザなどの病気にもかかりやすくなってしまいます。

しかし青汁を飲むことで免疫力を高めることが出来ます。青汁には免疫力を高めるビタミンCや、粘膜を強めるビタミンAなどの必須栄養素が豊富に含まれています。更に青汁を摂取することで腸内環境が改善され、腸内にある免疫細胞が活性化し、免疫力を高めることが出来ます。また抗酸化作用のあるビタミンEやポリフェノールなども青汁に含まれており、免疫力アップに貢献してくれます。

生活習慣病予防



青汁には生活習慣病の予防に効果があります。生活習慣病は、「ガン」「高血圧」「脳卒中」「メタボリックシンドローム」「心臓病」「糖尿病」といった様々な病気の総称であり、特に食生活や運動など日頃の生活習慣によって引き起こされる病気をさします。

 生活習慣病は、名前の通り、生活習慣が原因で起こる病気が多く、中でも食生活は大変重要なカギとなります。運動不足やストレスなども指摘されることがありますが、 やはり、直接体に作用する食生活の影響はかなり大きいといえるのです。

我々現代人の生活を振り返ると、食事も欧米化し、肉中心で野菜の摂取量が少ないのが現状です。更に座り仕事の増加で、日常的に体を動かす機会が減り、多くの人が運動不足な生活を送っています。青汁を取り入れることで、不足している野菜分を摂取することが出来るため、特に食生活によって引き起こされる生活習慣病の予防が見込めます。

 特に現代人は動物性の高脂質、高たんぱくの肉食が中心であり、 緑黄色野菜をあまり食べないことが問題となっています。 そして、それが生活習慣病と高い関係があることもわかっています。

サラサラ血液をつくる

 青汁には、食物繊維・ビタミン類・ミネラル・カルシウムなど様々な栄養素が含まれています。その効果として代表的なのが、血流をサラサラにする効果です。生活習慣病の1つである心筋梗塞や動脈硬化、高血圧症などは血管が詰まったり血液がドロドロになることから起こります

 青汁に含まれる、ビタミンA・ポリフェノール・βカロテンはこうした血液の以上を改善するために働きかけるのです。ビタミンAが発揮する抗酸化作用は活性酸素を消去し血液を健全な状態に保ちます。ポリフェノールは青汁の原料となる明日葉という植物に含まれていて、血液をサラサラにしてくれる効能を持っています。また、βカロテンはビタミンAに変化する性質を持っており、これらの効果を促します。


コレステロールや脂質に効果

 血液に関わる病気を引き起こしてしまう要因の1つに、コレステロール・脂質の値が異常に高いという体内環境があります。この異常を解消する働きがあるのが、食物繊維です。青汁の原料であるケール・大麦若葉・桑の葉などの緑葉野菜には食物繊維が多く含まれています。

 食物繊維は便秘の解消にもいいことで有名ですが、コレステロールや脂質に効果的ということはあまり知られていません。食物繊維には
①コレステロールの吸収を抑える
②脂質や糖質を便とともに絡めて排出する

という働きがあります。

 これは同時に、腸内の環境を清潔に保つことになるため、大腸癌や慢性的な炎症を予防・改善することにもつながるのです。このように1つの効果的な成分は、相乗的に他の栄養素と作用することで、さらなる病気の予防に働きかけていきます。


ビタミンCの抗菌と、カルシウムの悪循環を消す効果

 アンチエイジングにも効果があるとされているビタミンCには、身体を菌から守り強くする抗菌の効果もあるとされています。ビタミンCにはタンパク質やコラーゲンなど、身体をつくる重要な成分を生成にかかわっているためでしょう。

 ウイルスや菌に強い体をつくることは、生活習慣病予防のための"土台づくり"とも言えるため、ビタミンCの積極的な摂取をお勧めします。

ビタミンCの抗菌作用については、結核菌ではホイシェべイン博士、スピラン博士が、緑膿菌ではラクール博士、白血球の食菌作用活性ではヒュメウエイヤー博士が、ジフテリアではユンゲブルート博士、ツウェ―マ博士、クリグラ―博士が、結核、百日ゼキ、肺炎、ブルセラ症、赤痢ではヘイセ博士、マーチン博士らが、それぞれビタミンCの抗細菌作用を報告しています。

 また"ストレス"も生活習慣病の大きな要因です。青汁に含まれるカルシウムは、ホルモンの働きを正常にし、自律神経を安定させるという役割があります。カルシウムが不足すると、ストレスによるイラつきと疲れ→代謝の低下→血液の不順→体調不良→ストレスの発生、というような悪循環を生じさせる原因となってしまいます。

美容・健康によい青汁の選び方

青汁は生活習慣病にいい? 現在は通常の青汁に美容に良い成分を加えた女性専用の青汁も出回り始めています。健康を維持できて美容にもよいならまさに一石二鳥ですよね!効果の高いものを選ぶ上で気をつけたい点をいくつか見ていきましょう。

まずは美容成分が豊富なものを選びましょう。1種類なら普通の青汁にサプリで補えるので3種類程度は欲しいところです。自分にあった美容成分が豊富に含まれているものを選びましょう。

次に通常の青汁野菜の栄養価にも気をつけましょう。美容成分も大事ですが健康面の効果も十分に得られるものを選びましょう。

最後にコストパフォーマンスをチェックしましょう。価格が高すぎるものは結局続けることができず、効果も得られずじまいに終わってしまいます。

生活習慣病の予防によい青汁の選び方

生活習慣病の予防のために青汁を飲むなら、多くの成分をカバーしている青汁を選ぶことがポイントです。動脈硬化を予防するために血液中の活性酸素を除去するビタミンAと血液をサラサラにするポリフェノールがいいように、複数の成分を同時に摂ることでより予防効果が高まります

 青汁で使われる原材料の中でも栄養価が高いのは大葉若葉です。大葉若葉には脂質や糖分を便と一緒に排出してくれる食物繊維、抗菌効果のあるビタミンC、ストレスを和らげるカルシウムが豊富に含まれています。

 血液をサラサラにする効果が期待できるのは明日葉です。明日葉にはビタミンAに変化する性質を持つβカロテンと、血液をサラサラにするポリフェノールが含まれています。

 生活習慣病は日々の積み重ねで起こるものなので、それを予防してくれる青汁も毎日続けることが大切です。毎日続ける青汁を選ぶときは、多くの成分をカバーした上でコスパがよいものを選ぶといいでしょう。
青汁選びのポイント!

美容に良いとされる青汁はいろいろ売られていますが、「安いだけの粗悪品」、「品質はよいけど高価品」を選んでしまっては、続けて飲み続けることはできません。
気をつけたいのは以下の点です。
  ・美容成分が豊富
  ・青汁野菜の栄養価
  ・価格が安い
コスパのよくて、お買い得な青汁を上手に選びましょう!



青汁を成分で比較してみました!

当サイトでは、「女性の美容と健康のための成分」がどのくらい青汁に含まれているか、多くの青汁を成分評価しています。青汁の全成分を効能で分類し、青汁の青野菜・コストを加味して採点しています。詳しくはこちら↓のページをチェック!




まとめ

 ここまでの説明でもお分かりの通り、青汁による身体にもたらされる健康効果は1つではありません。含まれている栄養素が互いに連関して身体に働きかけることで、様々な生活習慣病発症の要因を連鎖的に食い止めることにつながっています。

 また、生活習慣病は日々の積み重ねで起こるものなので、青汁も毎日飲み続けて体を健康な状態に保つことが大切になります。

毎日の食生活が乱れてしまいがちな現代人にとって、必要な野菜を効率よく摂取できる青汁はまさに救世主といっても過言ではありません。自分にあった青汁を選んで健康な毎日を過ごしていきましょう!

青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験!

人気のすっきりフルーツ青汁を徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら