トップページ >  青汁の健康法を特集 >  青汁は冷え性改善にいい理由

青汁が冷え性改善にいい理由と冷え性改善にいい青汁の選び方

青汁は冷え性改善にいいわけ  女性のお悩みの中でもよくあるのは、冷え症です。冷え症に悩んでいる方はたくさんいます。冷え症になっていて、暑い夏でも靴下をはいて寝ている方もいるのです。どうしたら冷え性は改善できるのでしょうか。

 冷え性の改善方法のひとつとして、青汁を飲むという方法があります。青汁が健康にいいことは有名だと思いますが、なぜ冷え性にも効果があるのでしょうか?青汁が冷え性改善にいい理由をまとめました。


冷え性と低体温の違い

 近年低体温の人が増えている傾向がありますが、低体温と冷え性は別物です。低体温は体温が36度未満冷え性は365日体の決まった場所の部分が冷える症状で、触れてみると冷たく感じます。

 冷え性になる原因は血行不良です。心臓の働きで血液が全身に行き渡るのが健康的な状態ですが、冷え性は血液の流れが滞るために起こります。特に、体の末端にある手や足は心臓からの距離が遠いので、冷えやすい部分だと言えます。

 よく汗をかく暑がりの人は一見冷え性とは縁がないように見えますが、「隠れ冷え性」の可能性があります。このタイプの人は自覚しにくいですが、クーラーのかかった夏などに胃腸の調子が悪いと感じた人は要注意です。

隠れ冷え性になると、内臓の悪化を招き、胃腸の調子が悪くなるなどの症状があらわれます。他にも肩こりや顔色が悪くなる、肌が荒れる、朝起きるのが辛く、夜寝付きが悪いなど生活の様々な場面で支障が出てしまうでしょう。
引用元:くらし辞典


冷え性には「腹八分目」がいい

 健康の秘訣は血液の巡りを良くする事ですが、新陳代謝と基礎代謝がそのカギを握っています。基礎代謝とは普通に生活しているだけでエネルギーを消費する事ですが、体の健康を維持するために欠かせない働きです。

 代謝の大半が基礎代謝によると言っても過言ではなく、何もしないで寝ているだけでも自然に作用しますが、20代で筋肉量が減少し始めると同時に働きが弱くなります

 これも抗酸化作用のある成分を摂取する事で改善する事が出来ますが、運動習慣で筋肉量の増加を図るとより効果が期待出来ます。

 食事は腹八分目を心がけるようにしましょう。たくさん食べ過ぎるとその分消化に多くのエネルギーを使うため、手足まで栄養がまわらなくなり冷えに繋がります。青汁に含まれる食物繊維には、空腹を和らげる効果があるため、食べる量を自然と抑えて代謝を良くすることができます

 また、多くの青汁には酵素が含まれていますが、この酵素は吸収や消化に欠かせないものなので、摂り入れる事によって代謝が良くなり、血液も巡りやすくなります。


青汁に含まれている野菜のさまざまな効果

 青汁の原材料に使われる野菜にはケール、大麦若葉、明日葉、よもぎ、クマザサ、長命草、クロレラなどがあります。

 これらには各種ビタミンやβ-カロテン、食物繊維などが含まれており、成人病の予防や、体内組織の働きを正常にする働きがあります。葉酸は加熱料理には不向きな成分ですが、青汁なら安心して摂取出来ます。

 食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、青汁はどちらもバランスよく摂取できるように作られていることが多いです。二種類の食物繊維を摂ることで、便秘の改善し、胃腸の調子を整えることができます。

 他にも美容効果、ダイエット効果、睡眠促進、活性酸素除去などの効果が期待できるため、改善したいものがある人は成分を見て青汁を選ぶといいでしょう。

 血行不良の改善に特に効果的なのは、明日葉を使用した青汁です。明日葉には血液をサラサラにするポリフェノールが含まれています。血液がサラサラになると良い成分を摂取し、悪い成分を排出するのがスムーズになるため、内臓の活動も正常になり、冷え症が改善されます。


青汁の創始者・遠藤仁郎博士の説

生体内にはSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)など活性酸素を消滅させる酵素があるということですが、これらの酵素を円滑に働かせるのに亜鉛、銅、マンガン、セレンなどの微量ミネラルが必須なことがわかっています。未知の因子がこうした微量ミネラルとすれば、青汁のミラクル効果は容易に説明できます。

 今でこそ利用する人が多い青汁ですが、この青汁を最初に開発したのは遠藤仁郎博士です。1900年岡山県出身で1925年に京都帝大(現京都大学)医学部を卒業し、大阪女子医専(現関西医科大学)教授に就任した後1943年に「青汁」を開発しました。1945年に倉敷中央病院に赴任し、病院の給食に青汁を採用し患者の病状改善に貢献した事で知られています。

 戦後欧米化した日本の食生活に伴い、血液の濁りや活性酸素の増加が原因で色々な病気に罹患しやすくなったという考え方は、現代に通じるものです。

 遠藤博士の説では青汁に含まれる成分であるビタミンA(β-カロテン)やビタミンB、ビタミンC、カルシウムやEの働きによって活性酸素が増加するのを防ぎます。そして、緑黄色野菜を取り入れた栄養バランスが良い食事を摂る事で血液をサラサラにすることができるのです。

 遠藤博士は青汁が癌などの難病にも効果があるとし、体内に存在するSOD(スーパーオイシドジスムターゼ)という酵素は活性酸素の減らす作用があり、その働きを促進する亜鉛やセレンなどのミネラルが欠かせない事を言及しています。

 青汁の原材料の中でも大麦若葉にはSODが含まれているため、血液中の活性酸素を取り除き、血行を良くして冷え性を改善する効果が期待できます。


抗酸化作用のある青汁

亜鉛 アスタキサンチン アップルペクチン アリシン アントシアニン オレイン酸 カカオポリフェノール カテキン カルノシン グルタチオン コエンザイム Q10 サポニン スルフォラファン セレン・セレニウム 大豆サポニン トコトリエノール トコフェロール ナスニン ビタミンA ビタミンB6 ビタミンE フィチン酸 フラバンジェノール フラボノイド β-カロチン βクリプトキサンチン ポリフェノール メチオニン ラクトフェリン ルチン ルテオリン

 新陳代謝を高めるには物を食べるのが効果的ですが、一時的なものです。血流のめぐりを改善し、抗酸化に効果があって体を冷えから守る働きがある成分の31種類のうちカテキン、セレン・セレニウム、ビタミンAとビタミンB6、ビタミンE、β-カロテン、ポリフェノール、ルチン、ルテオリンが含まれています。

 日常生活で呼吸して取り入れた酸素の2%は活性酸素になると言う説がありますが、過剰に取り入れると体内の細胞が衰え、様々な症状が起きやすくなります

 活性酸素が増加する原因は激しい運動やストレス、喫煙、食生活などですが、なかでも食生活は早めに改善する事が重要です。

 青汁に含まれる抗酸化成分を取り入れる事によって活性酸素の増加を制限すれば、冷え症が改善され生活習慣病の予防にも繋がるでしょう


冷え性とむくみを一緒に改善

 青汁を飲んで冷えるという人もいますが、他の飲み物同様、冷えた状態で飲むとお腹を壊す事があります。

 青汁には「水溶性食物繊維の難消化性デキストリン」というデンプンの一種が含まれている物があります。この成分はコレステロールや血糖値を下げる効果がありますが、飲み過ぎると下痢になる可能性があるので、青汁を選ぶ時に表示成分を良く読んで購入する事が大切です。

 飲んだ後一時的に体温が下がる事がありますが、その理由は青汁の含有成分であるカリウムが排泄を促進する効果があり、体内の尿と一緒に熱を放出するためです。胃腸が弱い人は青汁を冷やさずに常温で飲んだり、少し温めた青汁を飲む事をお勧めします。

 ただし、カリウムは冷え性と同じく女性が特に悩みやすいむくみに効果的な成分です。むくみは体内に不要な水分が溜まることで起こるため、カリウムを摂ることでその水分を排出し、むくみを解消してくれます。

 身体がむくむと血液のめぐりが悪くなるため、冷えの原因となります。カリウムを摂ると一時的に身体は冷えるかもしれませんが、長期的に見ると血行をよくなり、冷え性の改善につながるのです




冷え性・貧血・血流改善にいい食材は、血行を良くする働きのあるビタミンEや鉄などの栄養素を含んだものです。

血行がよくなると部分的な冷え性が改善されます。また、鉄分を摂取することで、血流低下タイプの貧血の人に多い鉄欠乏症貧血を予防できます。 体内を温めてくれるしょうが・にんにく・とうがらしなどの香味野菜は、冷え性改善に不可欠な食材です。

青汁の中にも女性用の青汁があります。これらは、しょうが、フラバンジェノール、長命草などの体を温める食材を青汁に加えて配合しているのが特徴です。 青汁は便秘解消やお肌を整える効果がベースにあるので、冷え性・貧血も同時に解決できるなら、うれしいかぎりです。

以下では冷え性・貧血・血流改善にいい食材を詳しく見ていきます。冷え性・貧血が気になる方は以下の食材が入った青汁を選ぶようにするとよいでしょう。



しょうが
一度は耳にしたことはあると思いますが、しょうがには、身体を温める効果があります。特に加熱されたたり蒸されたりしたしょうがは、冷え性の改善や新陳代謝の促進に効果的と言われます。しょうがに含まれる辛味成分、ショウガオールという成分がその秘密です。また、乾燥したしょうがにも同じような効能があります。

青汁に入っているしょうがはこのように加工されており、飲むことで腹部から身体を温めてくれるので冷え性や血行促進に効果があるとされています。

フラバンジェノール
青汁に含まれることのあるフラバンジェノールとはポリフェノールの一種です。これには5つの効能があるとされています。口内環境改善・発毛・美容・血流促進・ダイエット、です。

中でも注目されているのが、血流促進の効果で、冷え性やむくみを改善する働きがあるそうです。具体的には、血管を拡張させて血管を流れる血の量と速さを増加させることでその効果が現れるとされています。

先に述べたようにフラバンジェノールには美容に良いとされるコラーゲンを生成する効果もあるので、血流の促進との相乗効果が期待されます。

長命草
長命草は"ボタンボウフウ"と読みます。沖縄県の与那国島で栽培される植物で、青汁に含まれることの多い栄養価の高い植物です。

成分の1つに"ルチン"というものがあります。ルチンには抗酸化作用と血管を強くする働きがあり、蕎麦に多く含まれていることで有名です。抗酸化作用は肌のシミや荒れの原因となる活性酸素を抑える役割がります。そして、毛細血管の弾力を強くして血流を改善する役割もあります。

血流を改善することは、冷え性やその他様々な生活習慣病の予防にもつながります。

ユッカ
ユッカとは、リュウゼツラン科ユッカ属の植物を総じて呼ぶ名称です。使用されてきた歴史も深く、効能も1つだけではありません。

ユッカの主となる成分は、"サポニン"と呼ばれます。このサポニンは高麗人参も含まれている成分で、血行促進の効果があるとされています。サポニンには毛細血管を拡張し、血流をスムーズにする効果や血栓を作らせない効果があります。これは血圧上昇の予防にもなりますので、関連する疾患(脳卒中や動脈硬化など)を防ぐことにつながるのです。なので、ユッカが含まれている青汁は、特に血流促進の効能に期待できそうです。


酢の効能を活用している青汁があることをご存知でしたでしょうか。酢には私たちの身体には必要な成分である、アミノ酸が含まれています。

アミノ酸は私たちの身体でタンパク質を構成していますが、中でも遊離アミノ酸と呼ばれるアミノ酸は身体への良い働きに貢献しています。例えば、細胞内や血流をめぐることで、身体の働きをサポートする効果をもっています。

また、酢には"血小板凝集抑制"と"白血球粘着抑制"の2つの効果もあります。簡単に言うと、血小板と白血球の働きを健全に保ち、血液不順による様々な病気を予防する、ということです。

ほうれん草
青汁の主な材料は、ケール・桑の葉・大麦若葉などですが、「ほうれん草も青物だから原料として使えないの?」と思う方もいると思います。ですが、ほうれん草にはシュウ酸という成分があり摂取しすぎると"結石"をつくる要因となってしまいます。なので、メインの原料としては使用されていないそうです。

ですが、ほうれん草にはもちろん優れた効果があります。青汁に含まれているほうれん草の効果は、主に貧血予防の効果です。ほうれん草には現代人に不足しがちな鉄分が多く含まれており、同様に含まれているビタミンがその吸収を助けます。

ケルプ
ケルプとは、海藻の総称で中でも大型のコンブのことを指します。このケルプからは様々な効用が得られます。例を挙げると、コレステロールの低下・貧血改善・冷え性改善・便秘解消・消化不良解消などです。特にケルプに含まれる、"ヨウ素"は代謝の改善に効果的なため、血液に関するトラブルに有効だとされています。

ケルプをメインの栄養素として販売されている青汁もあるほどで、その効果の信頼度が期待できるのではないでしょうか。

ひじき
ひじきには鉄分が多く含まれていることは有名です。他にも、カルシウムやリンなどなかなか摂る機会が少ない栄養素もたくさん含まれています。ひじきが含まれている青汁は決して多いとは言えませんが、効率よく不足しがちな栄養素を摂るのに適しています。

ひじきに含まれる"フコキサンチン"は、血管ががんなど悪性の腫瘍に張りめぐらされる機能(血管新生)を抑制する働きを持っています。これはがんの元となる栄養を止める役割につながります。他にも脂肪燃焼の効果があることから、代謝促進と鉄分との相乗効果による血流トラブルの改善に貢献してくれます。



冷え性・貧血・血流改善にいい食材

しょうが、フラバンジェノール、長命草、ケルプ、ユッカ、酢、ほうれん草、レバー、ひじきなど



人気50種類の青汁の全成分を比較しました。美容向け青汁はコレ



冷え性改善にいい青汁の選び方

 冷え性改善のために青汁を飲むなら、抗酸化作用があり、血行促進効果の高い青汁を選ぶことがポイントです。血流がよくなると全身に栄養が行き渡るようになるため、心臓から遠い手足の冷えも改善することができます。

 青汁の原材料で冷え性改善効果が高いのは明日葉です。明日葉には血液をサラサラにするカルコンというポリフェノールが豊富に含まれているため、血液が手足まで行き渡りやすくなります

 また、明日葉にはむくみ改善効果のあるカリウムが含まれています。むくみは血行が悪くなる原因のひとつなので、カリウムを摂ることで、特にむくみやすい足の冷え性への効果が期待できます。

 大麦若葉には抗酸化効果のあるSOD(スーパーオイシドジスムターゼ)が含まれているため、血液中の活性酸素を除去し、血液の流れを良くしたい方におすすめの原材料です。

 一度血行を改善したら、それを維持していくことが大切です。毎日続ける青汁を選ぶときは、多くの成分をカバーした上でコスパがよいものを選ぶといいでしょう。


冷え性改善にいい青汁の成分を比較

 冷え性を改善するためには、血行促進効果の高い青汁が効果的です。今回は、冷え性に効果的といわれている青汁を比較してみました。

 「フレッシュフルーツ青汁」には、血液をサラサラにする「明日葉」と、抗酸化成分が含まれている「大麦若葉」が入っているため、血行がよくなり冷え性改善に効果的な青汁です。

 明日葉にはカリウムも含まれているため、むくみからくる冷えにもおすすめです。

ビタミ
ンミネラル
便秘
改善
お肌
改善
骨を
丈夫
ホルモン
バランス
冷え
貧血
リラックス
睡眠
疲労
回復
青野菜の栄養 コスト
総評

フレッシュフルーツ青汁



すっきりフルーツ青汁


ステラの贅沢青汁


ふるさと青汁

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

もっと多くの青汁を一目で比較したい場合は、こちらの一覧表もチェックしてみてください。

一目でわかる!人気30種類の青汁の全成分調査表はこちら。



青汁は冷え性改善にいいわけまとめ

 腹八分目を心がけると消化に使われるエネルギーが手足にも届くようになるため、冷え性の改善が期待できます。

 かと言って過度な食事制限をすると身体に必要不可欠なビタミン類やミネラルやたんぱく質やカルシウムといった栄養成分まで入ってこなくなってしまうため、かえって身体の末端まで栄養が行き渡らなくなってしまうでしょう。

 青汁は空腹を和らげる食物繊維が入っているため自然に食事量を減らせるだけでなく、青汁自体が栄養豊富なため腹八分目に抑えて冷え性を改善したい方にオススメの飲み物です。

 青汁の中でも、カリウムが豊富な明日葉が使用されているものはむくみ改善効果があることでも有名です。冷え性とむくみはどちらも女性が悩みやすい症状ですが、むくみが冷えの原因になっていることもあるため、青汁で両方改善してしまうほうが効率がいいでしょう。

 冷たいものを飲むと身体が冷えてしまう場合は、常温で飲むようにするといいでしょう。


青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験

人気のすっきりフルーツ青汁をレポートしました!

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら