トップページ >  青汁の健康法を特集 >  青汁が動脈硬化予防にいい理由

青汁が動脈硬化の予防にいい理由と動脈硬化の予防にいい青汁の選び方

心臓を抑える人 いくつになっても健康でいたいと願うなら、血管や血液の若さも重要です。

特に大勢の方が気になるのは、動脈硬化でしょう。
動脈硬化になってしまうと、心筋梗塞や脳梗塞や糖尿病などの大きな生活習慣病に直結してしまうからです。

青汁には、動脈硬化の予防や緩和に大きな効果があると研究でも明らかになっている、βカロチンやパントテン酸、葉酸や亜鉛が豊富に配合されています。
またそのほかにも、各種のビタミン類やミネラル類、カルシウム、たんぱく質...などの豊富な栄養成分のかたまりです。

しかし、これらのものをすべて食事から補っていくのは至難の業。
これらの成分を手軽な方法で補うには、青汁が非常に適しています。
青汁を飲んで血液サラサラ効果が高められれば、動脈硬化以外の生活習慣病の予防や緩和もできます。

ここでは、青汁の動脈硬化予防効果についてわかりやすく解説していきます。


そもそも動脈硬化とは


血液は、血液のポンプである心臓から、動脈を通って全身へ送り届られます。
動脈の血管の壁は、弾力があり血管自体がポンプのように働き血液を体の末端へと送り出しています。
ところが、加齢や喫煙、高血圧などのために血管の壁が硬くなると、動脈のポンプ機能が失われていきます。

そうなると、心臓が収縮した直後、一気に大量の血液が動脈を通過するようになってしまいます。
そのような状態は、血管の壁に負担をかけてしまい、血圧がより高くなり、動脈硬化も進行してしまいます。

このような、血管の壁が硬くなる現象や、血管の壁にコレステロールが溜まることも動脈硬化の原因となります。

その影響で、血管の壁が内側に厚く膨らんで、血液が流れる部分が狭くなってきます。
その結果、血の巡りが悪くなったり、突然、血流が完全に途絶えてしまうこともあります。

その突然起こる現象が心臓や脳で起こるのが、心筋梗塞脳梗塞などの発作です。


年齢と共に進行する動脈硬化


動脈硬化の症状が、年齢と共に進行することは避けられません。
しかし、動脈硬化の進行スピードを速くする危険因子と呼ばれる要素があります。

危険因子の中で、最も重大なのが、喫煙と糖尿病です。

喫煙は、酸化ストレスとして糖尿病は、糖化ストレスとして、動脈硬化に拍車をかけます。
他にも、高血圧、肥満症、脂質異常症なども動脈硬化の危険因子です。
動脈硬化は加齢とともに進行するため、一種の老化現象ともいえます。
しかし、動脈硬化は、急にあらわれるわけではなく、若いころから始まり、40歳を過ぎる頃に症状があらわれてくることが多いのです。
つまり、動脈硬化の予防は若いうちから行なう必要があります。
少しずつ動脈硬化の原因となる生活習慣を改善していきましょう。

動脈硬化とは|動脈硬化の症状・予防・原因・改善



コレステロールをコントロールする


動脈硬化の予防には、高脂血症にならないように、コレステロールのコントロールが重要となります。

コレステロールを多く含む食べ物といえば、卵、レバー、魚卵などです。
既に、コレステロール値が高い人は、コレステロールを多く含む食べ物を避けた方がベストです。

実は、食べ物からコレステロールが摂取されるのは、全体の10%程度に過ぎず、90%は体内で作られます。

ですから、食べ物のコレステロール値に神経質になるよりも、抗酸化作用のある食品を食べて、体に良い油を摂取するといったことに気を付けましょう。

コレステロールは、細胞膜や、ホルモン、消化液の材料として欠かすことのできないものですが、コレステロールを摂取し過ぎると、コレステロールを一定に保つことができなくなって、血管を詰まらせてしまいます。



青汁には、動脈硬化を予防・改善する働きをする成分が含まれています


たとえば桑の葉の青汁には、ビタミンC、フラボノイド、アミノ酸、ベータカロテン、ビタミンEなどの抗酸化作用のある成分が含まれています。
また、DNJという成分は、糖の吸収を抑える効果がありますので、肥満や糖尿病を改善する効果もあります。
それに、桑の葉には、鉄分も含まれていますので、血流を改善する働きも期待できますので、動脈硬化の予防に適しています。

大麦若葉の血液サラサラ効果


大麦若葉には、SOD酵素という動脈硬化を予防する酵素が含まれています。

SOD酵素は、活性酸素を除去したり、血圧の上昇を抑える効果があります。
また、カリウムも含まれていますので、塩分を体外に排出する効果もあるので、高血圧予防にもなります。

更には、抗酸化作用のあるビタミンCも含まれていますので、体内の活性酸素除去に有効となります。



ケールの血液サラサラ効果


ケールには、抗酸化作用の高いビタミンE、C、ベータカロテン、ルテインが豊富に含まれています。

特に、イソチオシアネートは、抗酸化力が高く、体内で3日間その効果が続くと言われています。

ルテインは、白内障予防にも効果のある成分です。
また、睡眠に欠かせないメラトニンが豊富に含まれているので、不眠改善にも効果があります。

不眠が続くと、血行不良を招き動脈硬化を悪化させてしまいますので、生活習慣が不規則な方にお勧めです。


明日葉の血液サラサラ効果


明日葉に含まれるベータカロテンとカルコンには、抗酸化作用があり、血中コレステロールを減少させる働きをします。

また、動脈硬化が引き金となって起こる高血圧、高脂血症、糖尿病なども予防する効果があります。


健康に良い青汁の選び方って?


一口に青汁といっても、原材料やその効能はさまざまです。
目的によって、青汁を使い分ける必要があります。
そこで、青汁の原材料を効能ごとにまとめてみた表が以下のものになります。

中でもフレッシュフルーツ青汁は効能のカバー範囲が広く、血液サラサラ効果のある「大麦若葉」「明日葉」を両方含みます。
各種フルーツや酵素も含まれているので、動脈硬化予防のためには非常におすすめの青汁です。


ビタミ
ンミネラル
便秘
改善
お肌
改善
骨を
丈夫
ホルモン
バランス
冷え
貧血
リラックス
睡眠
疲労
回復
青野菜の栄養 コスト
総評

フレッシュフルーツ青汁



すっきりフルーツ青汁


美感青汁


めぐりごごち 楽・月・花


ベジパワープラス

ここでご紹介した青汁はほんの一部です。
当サイトでは、30種類以上の青汁を美容・健康の効能ごとに比較しています。
もっと多くの青汁を検討してみたい方は、ぜひこちらの成績表もご覧ください。

一目でわかる!30種類以上の青汁の原材料比較はこちら



まとめ


青汁が動脈硬化予防に効果的だと言われている理由がおわかりいただけたでしょうか。
青汁に含まれる明日葉、大麦若葉、ケールなどの青野菜には、血液をサラサラにする効果があるのです。

また、最近では青野菜以外にフルーツや酵素などの成分をプラスしている青汁のほうが多いため、より健康への効果が期待できるというわけですね。
原材料をチェックして、血管によさそうな青汁を探してみてください。

青汁は薬ではありませんので、即効性はありませんが、毎日青汁を飲むことで、動脈硬化を予防することはできます。
併せて、脂肪分を抑えたバランスの取れた食事と適度な運動を心がけましょう。
血液がサラサラになれば、動脈硬化以外のさまざまな病気の予防につながりますし、美容にも効果的ですよ。


青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験!

人気のすっきりフルーツ青汁を徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら