トップページ >  青汁の健康法を特集 >  青汁は妊娠・出産にいい理由

青汁が妊娠・出産にいい理由と妊娠・出産にいい青汁の選び方

青汁は妊娠・出産にいい理由  妊娠中には、お母さんが食べたり飲んだりして体の中に補給した栄養成分がそのまま赤ちゃんの体を形成していきますので、お母さんが毎日どんな物を食べたり飲むのかが大事です。 それに加えて、お母さん自身の健康状態を高めることも重要なポイントになります。

 お母さんのお供として、オススメしたい飲み物が青汁です。青汁は妊娠中のお母さんでも飲みやすく、妊娠中に必要な成分もたっぷり入っています。青汁が妊娠・出産にいい理由をまとめたので、参考にしてみてくださいね。


青汁はお母さんの労働を軽減してくれる

 妊娠中は自分だけではなく赤ちゃんにも栄養が必要になるのでバランスよく食べることが求められます。でも妊娠中はつわりの問題があって、あまり食事をとれない人も多いでしょうし、それどころか寝たきりで料理をすることがままならない妊婦さんもいるでしょう。

 そんな妊婦さんにオススメなのが、栄養バランスのいい青汁です。青汁には葉酸・食物繊維・ビタミン類・タンパク質・カルシウムなどの栄養素が豊富に含まれているため、食事が大変な妊娠中のお母さんも手軽に栄養を摂ることができます。

 妊娠中は香りがきついものを好まない女性もいるので、乳製品や魚などの調理がつらいと感じている方にもおすすめです。青汁は不味いイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、大麦若葉や明日葉が原材料のものはまろやかで飲みやすいと言われています。

 しかも溶かすだけで作れるので、妊娠中の女性の労働を減らすことにもつながります。特に通販で購入すれば家に届けてくれるため、買い物に行く手間も省けます。妊婦さんには安静が必要なので、あまり無理をしないようにしましょう。


妊娠初期には葉酸の補給を!

 葉酸は赤ちゃんが大きく健全に成長をしていく時には、なくてはならない必須の栄養成分です。妊娠初期の12週までは、葉酸が赤ちゃんの神経組織や細胞を作っていきます。

 葉酸がなかったら、赤ちゃんの健全な発育にも悪影響になってしまうでしょう。葉酸は食べ物から一気にたくさん摂取できる成分ではありませんから、青汁を飲んで、欠かすことができない葉酸の補給に努めましょう。

 青汁の原材料はケール・大麦若葉・明日葉・桑の葉などがありますが、中でもケールや明日葉には葉酸が豊富に含まれているため、特に妊娠初期はそれらの原材料の入った青汁を選ぶといいでしょう。

 妊娠・出産の時期に葉酸を豊富に摂取していたら、つらいつわりが軽くなったり、母乳の出がよくなったりといった、お母さん自身の体にもいい働きがたくさんおこってくることも研究からも明らかになっています。


妊婦さんはとにかく便秘になりやすい

 妊娠中はホルモンバランスの崩れから便秘になる人が非常に多いです。食事の偏りや睡眠不足などが原因であることが多く、便秘があまりにも深刻になってくるとおなかの赤ちゃんに影響が出る場合もあります。

 こういった事態を防ぐためにも青汁は有効に働きます。青汁には食物繊維はもちろんビタミン類も豊富に含まれていて便秘を解消するのに一役買います。青汁の中でも、特に大麦若葉を原材料にしたものは食物繊維が豊富でおすすめです。

 便秘は大きなストレスを生み出すので、一刻も早く治したいですね。ただし妊娠中は食物繊維の摂り過ぎもよくないので、一日の摂取量は必ず確認し、場合によってはやや少なめに飲むようにするといいでしょう。


貧血に青汁がいい理由

 貧血も妊婦にとっては避けたいことです。貧血があまりに続くようだと赤ちゃんの発育が阻害される可能性があります。それだけではなく産後のお乳の出が悪くなってしまう可能性もあるので、絶対に避けたい事態ですよね。

 青汁には貧血を助ける鉄分やビタミン類が入っているので、効率よく栄養を取ることができます。特に大麦若葉が原材料の青汁は、鉄分が豊富なので貧血気味のお母さんにおすすめです。

 貧血は妊婦さんにも赤ちゃんにも悪い影響をもたらすものなので、青汁を飲んで貧血のリスクを下げましょう。お母さんの健康が赤ちゃんの健康につながります。


免疫力もアップしちゃう!

 妊娠・出産は長期戦になるため、疲れから免疫力が下がってしまうお母さんも多いです。でもこの状態を放置しておくと、妊婦さんが病気にかかりやすくなってしまい、結果赤ちゃんに影響が出かねません。風疹などの怖い病気もありますしね。

 青汁には免疫力を上げるカルシウム抗菌作用のあるビタミンCが豊富に含まれているので、妊婦さんにはぴったりの飲み物です。いい免疫力を上げて自分と赤ちゃんを病気から守りましょう。


容量を守って安全に摂取

 青汁は妊娠中のお母さんの心強い味方ですが、ご飯を作るのが大変なときでも決められた容量は守り、多く飲み過ぎないように気をつけましょう

 青汁には食物繊維が豊富に含まれています。上記でも書いた通り食物繊維には便秘を改善する効果があります。ただしこの食物繊維はあまりに取りすぎるとかえって便秘を促進してしまいます。

 とはいってもすべての食物繊維が悪いわけではなく、悪いのは不溶性食物繊維を摂り過ぎた場合です。不溶性食物繊維とは硬い繊維を持っている食物繊維のことです。

便秘にはこの2種類の食物繊維を不溶性:水溶性=2:1の割合で摂取するのがいいのですが、不溶性食物繊維ばかり食べていると便が固くなりすぎてしまうのです。

 この不溶性食物繊維は多すぎると便を硬くしてしまい、排出しにくい状態を生み出します。これでは本末転倒ですよね。青汁は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維をバランスよく作られていますが、飲む際には用法容量を守って飲むようにしましょう。何でも摂取のしすぎはよくないということですね。


妊娠・出産にいい青汁の選び方

 妊娠中のお母さんが青汁を飲むなら、葉酸が豊富で、食物繊維や鉄分も含まれている飲みやすい青汁を選ぶことがポイントです。

 葉酸は妊娠初期の赤ちゃんの神経組織や細胞を作る成分です。さらに、つわりが軽くなったり、母乳の出がよくなったりなど妊娠中のお母さんを強力にサポートしてくれる成分です。青汁の原材料にはケール・大麦若葉・明日葉・桑の葉などがありますが、葉酸が豊富に含まれているのはケール明日葉を使用したものです。

 大麦若葉は妊娠中のお母さんに起こりやすい便秘に効く食物繊維や、貧血を改善してくれる鉄分が含まれています。

 妊娠中は食欲が落ちることもあるので、できるだけ飲みやすい青汁を選びたいですよね。青汁の原材料の中でも、大麦若葉と明日葉は飲みやすいと言われています。また、フルーツ風味のものや、はちみつを使用したものもあるため、飲みやすい青汁を選びましょう。


妊娠・出産にいい青汁の成分を比較

 妊娠中のお母さんが飲む青汁は、葉酸が豊富で飲みやすい青汁がおすすめです。今回は、妊娠・出産にいいと言われている青汁を比較してみました。

 「フレッシュフルーツ青汁」は、青汁の中でも飲みやすいとされている「大麦若葉」「明日葉」を使用したフルーツ風味の青汁です。

 「明日葉」赤ちゃんの細胞を作るのに欠かせない葉酸も豊富なので、妊娠中のお母さんに一押しの青汁です。


ビタミ
ンミネラル
便秘
改善
お肌
改善
骨を
丈夫
ホルモン
バランス
冷え
貧血
リラックス
睡眠
疲労
回復
青野菜の栄養 コスト
総評

フレッシュフルーツ青汁



すっきりフルーツ青汁


ステラの贅沢青汁


はちみつ青汁


ふるさと青汁

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

もっと多くの青汁を一目で比較したい場合は、こちらの一覧表もチェックしてみてください。

一目でわかる!人気30種類の青汁の全成分調査表はこちら。



青汁は妊娠・出産にいい理由まとめ

 葉酸は赤ちゃんの細胞を作るだけでなく、お母さんのつわりを和らげ母乳を出やすくしてくれる妊娠・出産に欠かせない成分です。青汁は葉酸だけでなく、妊娠中のお母さんが悩みやすい便秘や貧血を解決してくれる成分も入っています。

 手軽さも妊娠中に青汁を飲むメリットのひとつです。溶かすだけで食物繊維やビタミン類などの栄養が補給できるため料理が大変なときでもサッと飲むことができ、通販を利用した場合は買い物に行く労力も軽減することができます。



青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験!

人気のすっきりフルーツ青汁を徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら