トップページ >  青汁の健康法を特集 >  青汁はアンチエイジングにいい理由

アンチエイジングにいい青汁の選び方


「アンチエイジング効果を考えて、いくつになってもきれいで元気でいたいな!」 と思う時には、青汁を飲む方法に人気が高まっています。 日本だけではなくて、世界的にも、アンチエイジングケアーで青汁を飲んでいる方が増えています。

青汁はアンチエイジング効果を期待したら、欠かすことができない重要な栄養成分のかたまりです。 ビタミンやミネラル、亜鉛、葉酸、たんぱく質、カルシウム...などの栄養成分はお肌をきれいにしたり、髪の毛を若々しくしたり、体の細胞の1つ1つを若々しくみずみずしく活性化してくれます。

これだけではなくて、さらには青汁には、アンチエイジング効果・若返り効果が高い成分が配合されています。 それは、スーパーオキシドジスムターゼ酵素、別名ではSOD酵素といわれているものです。

スーパーオキシドジスムターゼ酵素・SOD酵素は、活性酸素を体の中から除去してくれる働きのある注目するべき酵素です。 老化現象は体から発生した活性酸素が大きな原因になってしまいます。 スーパーオキシドジスムターゼ酵素・SOD酵素は、アンチエイジングの分野でも長寿や健康維持の分野でも最も注目を集めている酵素と言ってもいいでしょう。

青汁はアンチエイジングにいい理由まとめ

アンチエイジングには青汁
「いくつになってもきれいで元気でいたい!」という思いから、青汁を飲む方法に人気が高まっています。

日本だけではなく世界的にも、アンチエイジングケアーで青汁を飲んでいる方が増えています。

実は青汁は、アンチエイジング効果を期待したら、欠かすことができない重要な栄養成分のかたまりなのです。

その理由を詳しく見ていきましょう。

青汁がアンチエイジングにおすすめな6つの理由


新陳代謝を高める


青汁の原料には、緑葉の野菜と植物がたくさん使われています。
ケール・大麦若葉・明日葉などです。

これらには食物繊維が多く含まれています。
この食物繊維がアンチエイジングに効果的であることが、青汁が特に女性に求められる理由なのです。

食物繊維は、健全な腸内環境の維持には欠かせない成分です。

体内の不要物を排しやすくし、代謝を良くすることで、太りやすい体質・老廃物が身体に溜まりやすい体質を改善するのです。

便秘の改善に効果的だという理由も納得できますね。

また、食物繊維は老廃物の排除環境を整えるとともに、コレステロールの吸収を抑える役割もあります。

余分なコレステロールは皮脂を増やす原因にもなりますので、肌にとっては大敵なのです。


血行を促進させる


青汁には血行を促進させる効果もあるのですが、血行促進とアンチエイジングにはどのような関係があるのでしょうか。

血行促進効果のある成分はビタミンEです。

ビタミンEは末梢血管を広げて、新鮮なその他の栄養分(ビタミンCや酸素など)を血液にスムーズに流れるように働きかけます。

どれだけ必死にアンチエイジングに効果的だと言われている栄養分を摂取しても、身体にしっかり吸収されなければ意味がありませんよね。

つまり、ビタミンEの血行促進作用は、「アンチエイジングに必要な栄養素を吸収する土台をつくる」というわけです。

同時に血液中の老廃物も運ぶことになるので、相乗的に効果があるとされています。


シミや老化を防ぐ


ビタミンCが美肌に効果的だということは皆さんご存知だと思います。

青汁にはビタミンCが多く含まれます。

具体的な効果としては、シミの予防・保湿・荒れの改善・代謝の促進などです。

特に、肌にシミを作る原因となる活性酸素やメラニンの生成を抑える働きが大きな効果です。

活性酸素は体内のウイルスを退治する働きがあるのですが、増えすぎると生活習慣病の原因にもなってしまうものです。

酸化と言われてもピンとこない人もいるかもしれませんが、金属などのサビも酸化の一種です。つまり、体内の活性酸素が増えるということは身体をサビさせやすくするということなのです。

酸化すると細胞の老化が早まりますから、体内のあらゆる組織が衰えていきます。お肌のトラブルや生活習慣病などは活性酸素が原因で引き起こされることが多いです。息切れしやすくなったりシワが増えたりという現象も、活性酸素が関係している可能性があります。

引用元:活性酸素とは?|スキンケア大学

ビタミンCの抗酸化作用と呼ばれる成分が、これらの過剰な増殖を無害化し、働きを抑えるのです。

さらにビタミンCにはコラーゲンの生成を促す効果もあり、肌に潤いと弾力を保ちます。

ほとんどの青汁にはビタミンCが含まれているので、このように様々な面からのアンチエイジング効果が期待できます。


カルシウムの効果


カルシウムは青汁にも含まれる代表的な栄養素です。

骨や歯を丈夫にし、私たちの身体そのものを支えることはもちろんなのですが、実はアンチエイジングにも効果的なのです。

私たちの身体はカルシウム不足になると、自らの骨からカルシウムを取って補おうとします。

すると、当然取られた骨のカルシウムは減ることになりますよね。

これが原因で起こるのが、骨粗しょう症です。

骨が弱ると身体のその他の運動機能も連関して弱まりますので、老化につながるとされています。

つまり、骨を丈夫にすることとアンチエイジングは密接に関係しているのです。

カルシウム自体は身体に吸収されにくい栄養素なのですが、先ほど書いたビタミンEの血行促進効果や代謝を高める効果によってそれが補完されているのです。


女性ホルモンの減少による老化を助ける


女性の身体は20代を全盛として、女性ホルモンが減少していきます。

このホルモンの一種にエストロゲンというものがあり、エストロゲンの減少は肌の水分量や弾力のある肌を維持することを困難にさせます。

そこで青汁に含まれる様々な栄養素を継続的に摂取することによって、こうしたエストロゲンの減少を補い、主に肌のアンチエイジング効果に期待できるというわけです。

女性ホルモンの減少が始まる前に、青汁によって予防措置を取ることができるかもしれません。


加齢臭を予防する


青汁の効果により、身体を健康に美しく保つことは実は体臭や口臭などを予防することにもつながります。

たとえば、青汁には皮脂が溜まるのを防ぐ効果があります。

皮脂は頭皮や顔に溜まると脂肪が酸化し、ノネナールという加齢臭の元となる成分を発生させます。
この働きは年齢が進むにつれて、強くなっていきます。

青汁が直接的にこのノネナールを撃退する、というわけではなく、「皮脂が溜まりにくい肌環境をつくる効果がある」ということです。

それは、ビタミンC・食物繊維などここまで述べた色々な成分が相乗的に働きかけているからこそ実現されます。

青汁効果による加齢臭予防も、大切なエイジングケアの一つなのです。


アンチエイジング効果が高い青汁の選び方

アンチエイジング効果を期待するなら、大麦若葉をメインに使っている青汁がおすすめです。

多くの青汁は、ケール・明日葉・大麦若葉のいずれかの青野菜をメインに配合しているのですが、中でも大麦若葉を使った青汁は、アンチエイジングに最適といわれています。

その理由は、SOD酵素を非常に多く含むからです。

SOD酵素は、ビタミンCやEと並んで抗酸化物質としてよく知られている成分です。

大麦若葉を主原料にした青汁を選ぶことで、より高いアンチエイジング効果が期待できます。


大麦若葉メインの青汁を原材料効果で比較!


ここでは、大麦若葉が主原料の青汁をいくつかピックアップして比較してみました。

青汁に含まれる原料を効能ごとに分類したので、アンチエイジング以外も効果が一目でわかります。

体やお肌のお悩みと照らしあわせて、自分に合った青汁を選んでみてください。

ビタミ
ンミネラル
便秘
改善
お肌
改善
骨を
丈夫
ホルモン
バランス
冷え
貧血
リラックス
睡眠
疲労
回復
青野菜の栄養 コスト
総評

フレッシュフルーツ青汁



すっきりフルーツ青汁


ベジパワープラス


P&DELI 若葉と花の青汁


ラヴィグリーン

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

ここで紹介したのはほんの一部です。もっと多くの青汁を一目で比較したい場合は、こちらの一覧表もチェックしてみてください。

一目でわかる!人気30種類の青汁の全成分調査表はこちら。

まとめ

青汁は若々しさを保つ飲み物として知られていますが、その秘密は「代謝促進」「血行改善」「抗酸化」の効果によるものでした。

これらの作用が合わさって、大きなアンチエイジング効果を生んでいるというわけですね。

もしこれから青汁をはじめるなら、ぜひこの3つの効果に注目して選んでみてください。

特に、アンチエイジングには抗酸化力が強い大麦若葉をメインに使用した青汁がおすすめです。



青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験!

人気のすっきりフルーツ青汁を徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら