トップページ >  青汁の健康法を特集 >  青汁はダイエット効果にいい理由

青汁がダイエットにいい理由とダイエットにいい青汁の選び方

青汁はダイエットにもいい理由  青汁というと健康にいいイメージが強いですが、ダイエットにも効果的な飲み物です。青汁は細い身体をキープするために必要不可欠な成分が豊富に含まれているため、青汁を飲むことで太りにくい身体を作ることができるのです。

 では、青汁に含まれているダイエットする上で抑えたい成分とはどのようなものなのでしょうか?青汁がダイエットにもいい理由をまとめました。


食物繊維を豊富に含んでいる

 ダイエットを行う上で重要となるのは、自分の身体を見つめなおすことです。日常における生活習慣を修正すると、痩せない原因も改善されるためダイエットへの近道となります。

 もし、自分が便秘体質であると感じている場合には、太っている原因として消化器官の機能が低下している可能性が高いと考えられます。

 便秘を改善する方法として、もっとも手っ取り早いのは食物繊維を摂ることです。食物繊維が腸内環境を改善し、便通を整えてれます。青汁はこの食物繊維を豊富に含んでいるため、便秘からくる肥満にとても効果的です。

 実際ぽっこりお腹に悩んでいた人が、便秘状態を解消させただけで体型の嬉しい変化を感じることができたとする報告もされています。

 もちろん普段から野菜サラダやキノコ類など食物繊維を意識した食事を摂取することが重要ですが、手軽さの点においては、青汁を毎朝の習慣にすることの方に軍配が上がるでしょう。

 さらに、青汁にはコレステロール値や血糖値、内臓脂肪などの数値を下げる働きもあるので、 体が健康になりつつ、ダイエット効果も期待できます。


多くの酵素を含んでいる

 人間の体内では酵素の働きで様々な化学反応が生じているため、体調を整える上で酵素の存在は大変重要です。しかしながら年齢とともに酵素の量は減少していくとされており、さらに強いストレスや疲労を蓄積させてしまうことも体内酵素は減っていきます。

酵素には、体内で作られる潜在酵素と食物に含まれる食物酵素があります。潜在酵素は「消化酵素」と「代謝酵素」の2つに分けられ、年齢により1年間に作られる量が決まっています。20代を100%とすると40代は50%、60代は30%というように、年齢を重ねるごとにその量は減少。それを補うのが、食べ物に含まれている食物酵素です。

 この体内酵素が減少すると基礎代謝が低下することが判明しており、基礎代謝の低下は抵抗力や免疫力、消化機能の低下へと繋がります。特に消化機能の低下は脂肪の蓄積や便秘に繋がるため、酵素を摂ることは有効なダイエット方法であるといえるでしょう。

 酵素が多く含まれているのは野菜や果物ですが、青汁は野菜を原料としているため酵素が豊富です。ただし酵素やビタミン類の機能を損なわずに摂取するためには、なるべく青汁に熱が加わらないようにする必要があります。

 青汁を飲むことと併せて食事内容を見直すことや、運動習慣を身に着けることなどの努力をすることで、ダイエット効果を体感しやすくなるでしょう。

 それから体内における酵素の量は常に変化しているとされており、基本的には常に欠乏状態であると考えられております。そのため酵素の量にこだわった青汁を毎日飲む習慣が重要です。


B群を中心としたビタミン類を含んでいる

 ダイエットを考える上で普段に食事における栄養バランスは非常に重要であり、特にビタミンB群の機能は注目されています。

 ビタミンB群が持つ機能としましては、食事に含まれている3大栄養素である糖質、脂質、タンパク質の代謝に大きく関わっており、不足するとエネルギー効率が低下して、体内に脂肪として蓄えられやすくなってしまうのです。

 そこでビタミンB群を含むビタミン類を大量に含有している青汁を飲むことで、身体の基礎代謝を上昇させることができ、ダイエットの成功へと繋がるのです。


カリウムなどのミネラル類を含んでいる

 身体のむくみを解消させたいと考える場合には、通常のダイエット方法にプラスしてミネラルを積極的に摂取することが重要です。

 むくみの原因は体内に溜まった不要な水分にあることが多いため、その水分を排出することでむくみが改善され、身体が細く見えるようになることもあります。

 利尿作用があり、体内の余分な水分を排出してくれる成分として有名なのはカリウムです。青汁にはカリウムをはじめとするミネラルが含まれているため、むくみからくる肥満にも効果が期待できるのです。
 身体のむくみは解消させるだけで体形の嬉しい変化を期待することができますし、体重も連動して減少することが分かっています。


置き換えダイエットに最適

 最近話題となっているダイエット方法として置き換えダイエットがあります。置き換えダイエットとは、普段の食事量を減らす、もしくは一食抜いて、代わりに青汁を飲むダイエット方法です。

 置き換えダイエットは食べる量を減らすため体重を減らしやすいですが、痩せるために必要な食物繊維や酵素まで不足してしまったり置き換えダイエットをやめた後に食べ過ぎてリバウンドしてしまうことが心配です。

 しかし青汁はここまで述べてきたように食物繊維をはじめとする栄養素が豊富なため食事量を減らしても栄養をしっかりキープできます。

 青汁に含まれている食物繊維には空腹感を和らげる効果があるため、ダイエットに成功した後も飲み続けることでリバウンドを避けることができます。

 食事を三食摂る場合も、青汁は食前に飲むことをおすすめします。 空腹に青汁を飲んで栄養素を補給し、食物繊維でお腹が満たされるので自然に食事の量が減らせるはずですよ。


飲みやすい青汁を選ぶことで継続しやすい

 ダイエットに効果的であるとされているものであっても、続けにくければ意味がありません。従来は味に難があるとして飲みにくいとされてきた青汁ですが、最近は抹茶やフルーツ風味で非常に飲みやすい青汁が増加しており、手軽さも相まって非常に継続しやすくなっています。

 また、従来のイメージの苦い青汁というのはケールが主原料となっていることが多いです。ケールは栄養が豊富なものの苦味が強いため毎日飲む青汁としては続きにくい欠点があります。

 最近の青汁でよく使われている大麦若葉はまろやかさがあり、比較的飲みやすいと言われています。


ダイエットにいい青汁の選び方

 ダイエットのために青汁を飲むなら、食物繊維が豊富で多くの酵素の入った青汁を選ぶことがポイントです。ビタミンB群、ミネラルを含んだ青汁ならより効果が期待できます。

 食物繊維は腸壁を刺激し、体にとって有害な物質を巻き込んで便と一緒に排出してくれるため便秘からくる肥満に効果的です。 青汁で使われる原材料の中でも食物繊維が多いのは大葉若葉明日葉です。

 酵素は基礎代謝の向上や消化に関わってくる、人間の体に欠かせないものです。酵素は野菜や果物に多く含まれていることが多いため野菜が原料となっている青汁にはほとんど含まれていますが、ダイエット目的で青汁を選ぶ場合にはフルーツも原料にしている酵素の種類が多い青汁を選ぶといいでしょう。

 理想の体型をキープするには、毎日青汁を飲み続けることが大切です。毎日続ける青汁を選ぶときは、飲みやすい味のものを選んだほうがいいでしょう。苦いといわれる青汁はケールが主原料となっており、大麦若葉が主原料の青汁は比較的飲みやすいです。

ダイエットにいい青汁の成分を比較

 ダイエットを成功させるには、食物繊維と酵素が豊富な青汁が効果的です。また、リバウンドをせず細い体をキープするには、飲みやすい青汁を毎日続けることが大切です。今回は、ダイエットに良いといわれている青汁を比較してみました。

 「フレッシュフルーツ青汁」は食物繊維が豊富な「大麦若葉」「明日葉」を含んでおり、80種類の酵素を含んでいます。また、その名の通りフルーツ風味で飲みやすいため続けやすく、ダイエットを成功させて痩せた身体をキープしたい方に一押しの青汁と言えるでしょう。

ビタミ
ンミネラル
便秘
改善
お肌
改善
骨を
丈夫
ホルモン
バランス
冷え
貧血
リラックス
睡眠
疲労
回復
青野菜の栄養 コスト
総評

フレッシュフルーツ青汁



すっきりフルーツ青汁


ステラの贅沢青汁


はちみつ青汁


ふるさと青汁

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

もっと多くの青汁を一目で比較したい場合は、こちらの一覧表もチェックしてみてください。

一目でわかる!人気30種類の青汁の全成分調査表はこちら。



青汁はダイエット効果にいい理由まとめ

 ダイエットで怖いにはリバウンドですが、青汁に含まれる食物繊維には空腹感を和らげてくれる効果があるため、痩せた後も食前に飲むことを習慣づけることで食事量をキープしやすくなります。

 毎日続けるには飲みやすい青汁を選ぶことがポイントです。フルーツの入った青汁は美味しいだけでなく、酵素の種類も多いためおすすめです。


青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験!

人気のすっきりフルーツ青汁を徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら