トップページ >  女性の悩みを解消する青汁成分 >  冷え性・貧血・血行にいい食材

青汁に含まれる冷え性・貧血・血行にいい食材

冷え性・貧血・血流改善にいい食材は、血行を良くする働きのあるビタミンEや鉄などの栄養素を含んだものです。

血行がよくなると部分的な冷え性が改善されます。また、鉄分を摂取することで、血流低下タイプの貧血の人に多い鉄欠乏症貧血を予防できます。 体内を温めてくれるしょうが・にんにく・とうがらしなどの香味野菜は、冷え性改善に不可欠な食材です。

青汁の中にも女性用の青汁があります。これらは、しょうが、フラバンジェノール、長命草などの体を温める食材を青汁に加えて配合しているのが特徴です。 青汁は便秘解消やお肌を整える効果がベースにあるので、冷え性・貧血も同時に解決できるなら、うれしいかぎりです。

以下では冷え性・貧血・血流改善にいい食材を詳しく見ていきます。冷え性・貧血が気になる方は以下の食材が入った青汁を選ぶようにするとよいでしょう。



しょうが
一度は耳にしたことはあると思いますが、しょうがには、身体を温める効果があります。特に加熱されたたり蒸されたりしたしょうがは、冷え性の改善や新陳代謝の促進に効果的と言われます。しょうがに含まれる辛味成分、ショウガオールという成分がその秘密です。また、乾燥したしょうがにも同じような効能があります。

青汁に入っているしょうがはこのように加工されており、飲むことで腹部から身体を温めてくれるので冷え性や血行促進に効果があるとされています。

フラバンジェノール
青汁に含まれることのあるフラバンジェノールとはポリフェノールの一種です。これには5つの効能があるとされています。口内環境改善・発毛・美容・血流促進・ダイエット、です。

中でも注目されているのが、血流促進の効果で、冷え性やむくみを改善する働きがあるそうです。具体的には、血管を拡張させて血管を流れる血の量と速さを増加させることでその効果が現れるとされています。

先に述べたようにフラバンジェノールには美容に良いとされるコラーゲンを生成する効果もあるので、血流の促進との相乗効果が期待されます。

長命草
長命草は"ボタンボウフウ"と読みます。沖縄県の与那国島で栽培される植物で、青汁に含まれることの多い栄養価の高い植物です。

成分の1つに"ルチン"というものがあります。ルチンには抗酸化作用と血管を強くする働きがあり、蕎麦に多く含まれていることで有名です。抗酸化作用は肌のシミや荒れの原因となる活性酸素を抑える役割がります。そして、毛細血管の弾力を強くして血流を改善する役割もあります。

血流を改善することは、冷え性やその他様々な生活習慣病の予防にもつながります。

ユッカ
ユッカとは、リュウゼツラン科ユッカ属の植物を総じて呼ぶ名称です。使用されてきた歴史も深く、効能も1つだけではありません。

ユッカの主となる成分は、"サポニン"と呼ばれます。このサポニンは高麗人参も含まれている成分で、血行促進の効果があるとされています。サポニンには毛細血管を拡張し、血流をスムーズにする効果や血栓を作らせない効果があります。これは血圧上昇の予防にもなりますので、関連する疾患(脳卒中や動脈硬化など)を防ぐことにつながるのです。なので、ユッカが含まれている青汁は、特に血流促進の効能に期待できそうです。


酢の効能を活用している青汁があることをご存知でしたでしょうか。酢には私たちの身体には必要な成分である、アミノ酸が含まれています。

アミノ酸は私たちの身体でタンパク質を構成していますが、中でも遊離アミノ酸と呼ばれるアミノ酸は身体への良い働きに貢献しています。例えば、細胞内や血流をめぐることで、身体の働きをサポートする効果をもっています。

また、酢には"血小板凝集抑制"と"白血球粘着抑制"の2つの効果もあります。簡単に言うと、血小板と白血球の働きを健全に保ち、血液不順による様々な病気を予防する、ということです。

ほうれん草
青汁の主な材料は、ケール・桑の葉・大麦若葉などですが、「ほうれん草も青物だから原料として使えないの?」と思う方もいると思います。ですが、ほうれん草にはシュウ酸という成分があり摂取しすぎると"結石"をつくる要因となってしまいます。なので、メインの原料としては使用されていないそうです。

ですが、ほうれん草にはもちろん優れた効果があります。青汁に含まれているほうれん草の効果は、主に貧血予防の効果です。ほうれん草には現代人に不足しがちな鉄分が多く含まれており、同様に含まれているビタミンがその吸収を助けます。

ケルプ
ケルプとは、海藻の総称で中でも大型のコンブのことを指します。このケルプからは様々な効用が得られます。例を挙げると、コレステロールの低下・貧血改善・冷え性改善・便秘解消・消化不良解消などです。特にケルプに含まれる、"ヨウ素"は代謝の改善に効果的なため、血液に関するトラブルに有効だとされています。

ケルプをメインの栄養素として販売されている青汁もあるほどで、その効果の信頼度が期待できるのではないでしょうか。

ひじき
ひじきには鉄分が多く含まれていることは有名です。他にも、カルシウムやリンなどなかなか摂る機会が少ない栄養素もたくさん含まれています。ひじきが含まれている青汁は決して多いとは言えませんが、効率よく不足しがちな栄養素を摂るのに適しています。

ひじきに含まれる"フコキサンチン"は、血管ががんなど悪性の腫瘍に張りめぐらされる機能(血管新生)を抑制する働きを持っています。これはがんの元となる栄養を止める役割につながります。他にも脂肪燃焼の効果があることから、代謝促進と鉄分との相乗効果による血流トラブルの改善に貢献してくれます。



冷え性・貧血・血流改善にいい食材

しょうが、フラバンジェノール、長命草、ケルプ、ユッカ、酢、ほうれん草、レバー、ひじきなど



人気50種類の青汁の全成分を比較しました。美容向け青汁はコレ






青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験!

人気のすっきりフルーツ青汁を徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら