トップページ >  > 便秘に効く青汁の特徴は?便秘にいい青汁の選び方

便秘に効く青汁の特徴は?便秘にいい青汁の選び方

青汁は便秘にほんとにいい?

毎日すっきりしない、お腹が張る、便秘で肌荒れがひどい、こんな便秘に悩みがありませんか。たかが便秘と思っている方もいるかもしれませんが、便秘になると肌荒れを起こしたり、体臭や口臭の原因にもなります。毎日すっきりすると朝から快適に過ごせるようになることでしょう。

毎日のすっきりをサポートしてくれるのが青汁です。どうして青汁が便秘によいのでしょうか?

青汁で便通はよくなる?  便秘に悩む人は大変多いとされており、特に近年増加傾向しています。また女性の方が比較的便秘に悩む傾向が強いとされています。何日も出ない日が続くとかなり辛いものですね。

 症状を放置してしまいますと状態を悪化させてしまうだけではなく、身体に様々な悪影響や美容上の問題が生じてしまう可能性が指摘されています。そこで有効な対策法として注目されているのが青汁を摂取する方法です。食物繊維たっぷりの青汁は 便秘解消にとても効果的です。


青汁で便通(お通じ)がよくなるメカニズム

 消化器官の機能が正常であればスムーズな便通をキープするはずであり、便秘状態に陥ってしまうということは消化器官の機能が低下してしまっていることがわかります。

 この状況に陥ってしまう原因としてストレスや疲れなどが指摘されており、なるべくこれらを蓄積させないように気を配る必要があります。さらに食習慣の見直しも重要で、ポイントとなる成分が食物繊維です。

 食物繊維は葉物野菜が豊富に含有しているので、普段から野菜サラダなどを大量に摂取することを心がければ便秘の改善を期待することができます。ちなみにこの食物繊維は第6の栄養素として注目されており、5大栄養素には含まれていないものの便秘解消にはなくてはならない成分です。

食物繊維は便通を良くしたり、有害な物質を吸着して体外へ運び去るなどの重要な働きがあります。そのため、食物繊維は「3大栄養素・ビタミン・ミネラル」に次ぐ第6の栄養素とも呼ばれ、十分に摂取することが勧められています。

 毎日大量の野菜サラダを摂取することが難しいと考える場合には、青汁を積極的に摂取することで同様の効果を期待することができます

 食物繊維たっぷりの青汁を飲むと食物繊維が腸に届き、 動きが鈍くなった腸壁を刺激蠕動運動と呼ばれ、便を排出するためにとても重要な働きを持っています。 便通をよくするためには食物繊維が欠かせません。食物繊維には不溶性と水溶性があり、不溶性食物繊維は便のカサを増やして腸の働きを活発にし、水溶性食物繊維は腸内細菌のエサになって腸内環境を整えたり、糖の吸収を穏やかにして血糖値の上昇を抑制します。

1日の食物繊維摂取目標量は成人男性20g以上、女性18g以上ですが、目標に5gほど達していないのが現状です。便秘解消のためにヨーグルトを食べている方が多くいますが、便のもととなる食物繊維が不足していると、ヨーグルトを食べても便秘解消は難しいです。食物繊維が豊富な食べものが野菜です。しかし、野菜を食べようと思っても外食が続いたり、加工食品に頼ってしまい難しいと思います。

そんなときに役立つのが青汁です。青汁には食物繊維が豊富なケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉などの野菜が使用されています。水に溶かすだけで野菜の栄養と食物繊維を摂ることができるので、外食や加工食品ばかりで野菜の摂取が難しい方も、手軽に食物繊維を補うことができます。



青汁のアンチエイジング効果

 青汁を摂取することで大量の食物繊維を消化器官に取り込むことができるため、消化器官に貯留してしまった便の排泄を促すだけではなく、体調を整える効果も期待できます。

 青汁には食物繊維以外に豊富なビタミン類を含んでいるため、高いアンチエイジング効果もあります。このアンチエイジング効果とは青汁に含まれているビタミン類と植物酵素による働きですが、含まれている食物繊維の働きで便秘が改善することもアンチエイジング効果につながるとされています。

 逆の表現をするならば、便秘状態を放置すると身体の老化を促進させてしまう可能性が指摘されているため、心当たりがある人は急いで改善に取り組む必要性があります。

 また、青汁に含有されている栄養素としてビタミンAとビタミンCが存在しています。これらの機能によりまして美肌効果美白効果も多数のメディアにて紹介されています。

 中でも美肌効果には比較的即効性があるとされており、これは便秘状態で体中に悪玉菌から発生する毒素による影響が肌に出現してしまっている人が、青汁を摂取することで便通が改善した際に体感することが多いようです。

「おなかがぽっこり出る」とか「肌の調子が悪い」という自覚症状があるのに、便秘への意識が非常に低いのが現代女性の特徴です。週末に下剤を飲んでトイレに入る、 「週末トイレ症候群」という人もいます。出したことで安心していますが、悪い腸内環境(悪玉菌が優勢)でうんちが溜まれば、その間に吸収された有害物質が体内を回 り、肌に影響するのも必然です。
引用元:若肌SOS


青汁を摂取する際に気を付ける点

 青汁は食物繊維が豊富な一方、一気に飲みすぎることで下痢を招く場合もあるので、様子を見ながら飲む量を調整することが大切です。

 また、青汁に含まれている植物成分がまれにアレルギーの原因となる場合がありますので、アレルギーを持つ方は原材料が表記されている青汁を選びましょう。

こんな青汁が便秘によい

青汁はどれも食物繊維が豊富そうですが、栄養成分表を見るとほとんど繊維を含んでいないものもあります。青汁の製造過程で食物繊維が取り除かれてしまうのです。購入するときは栄養成分表を見て食物繊維量を確認しましょう。

さらに高い便秘解消効果を期待するなら、オリゴ糖や乳酸菌を配合した青汁がおすすめです。オリゴ糖は消化酵素で分解されずに腸に届いて、善玉菌のエサになって腸内環境を改善します。砂糖よりも甘味が少ないですが、青汁に甘味が加わって飲みやすくなります。1gあたり0~2kcalと低カロリーです。

乳酸菌にも腸内環境を改善する働きがあります。オリゴ糖と一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。乳酸菌は胃酸に弱い性質がありますが、有胞子乳酸菌という胃酸に負けにくい乳酸菌を使用した青汁もあります。こういったものなら生きて腸に届くことが期待できます。

便秘が悪化した場合は



青汁を飲んで便秘が悪化する方もまれにいます。便秘には食物繊維が不足して腸の働きが鈍っているタイプと、ストレスで腸の働きが過敏になってスムーズに便が移動しないタイプがあります。青汁で便通がよくなるのは食物繊維が不足しているタイプで、ストレスが原因の場合は便秘が悪化することがあります。

食物繊維は腸を刺激するので、ストレスで敏感になっているタイプが摂ると腸が痙攣を起こして便の移動がスムーズにできなくなります。その結果、腸に便がつまってしまうのです。

このタイプは水溶性食物を摂ることがおすすめです。青汁には不溶性食物が多いタイプと水溶性食物が多いタイプがあるので、水溶性食物が多いタイプを選んでみてください。難消化性デキストリンとはトウモロコシから作られる水溶性食物で、原料に難消化性デキストリンと記載されていると、水溶性食物が多い可能性があります。

水分をたっぷり摂ることも重要です。水分を摂らないと便がカチカチになってしまうので、たっぷりの水と一緒に青汁を飲んで、日中もこまめに水分補給をすると便が柔らかくなって排便しやすくなります。

便秘に効く青汁の特徴は?

飲みやすい青汁の特徴  青汁は便秘解消に効果的だとされていますが、すべての青汁が便秘に効くとは限りません。青汁は緑黄色野菜をすり潰したものの総称なので、どの野菜が主原料になっているかによって、その効果も大きく変わることがあるためです。

 では、便秘解消効果の高い青汁はどのように見分ければいいのでしょうか?便秘に効果のある青汁の特徴をまとめました。


食物繊維が豊富な野菜を使用している



 青汁の原料は野菜なので食物繊維やビタミンが豊富ですが、どの野菜を主原料としているかによって摂取できる食物繊維の量が変わります。当然食物繊維の多い青汁が便秘解消に効果的です。

 食物繊維は善玉菌の栄養素になったり、腸の活動を活発にして便をスムーズに出せるようにしてくれる働きがあります。青汁の原材料によく使われるのは大麦若葉、ケール、明日葉ですが、このうち食物繊維をもっとも多く含むのが大麦若葉です。

 大麦若葉はケールの2倍の食物繊維があると言われています。癖がなく飲みやすいのも特徴で、便秘解消やダイエットのために青汁を飲むなら大麦若葉がおすすめです。

 「ケール」も食物繊維が豊富ではありますが、どちらかといえば、カルシウムやビタミン量が多いことが特徴とされています。

 明日葉は「カルコン」とよばれる注目成分が豊富に含まれており、これがむくみを解消してくれると評判です。体がむくむと太く見えてしまうため、ダイエットをするときはむくみ対策も同時に行うといいでしょう。

酵素がたくさん含まれている

 酵素とは生命活動を維持する上で必要不可欠なもので、便秘解消やダイエット効果でも注目を集めています。酵素は消化や吸収にかかわっているため、青汁と一緒に摂ることで、青汁の栄養を吸収しやすくすることができます。

 代謝をよくするのも酵素の働きのひとつです。酵素が不足すると代謝が悪くなるため体内の老廃物も排出されにくくなるため、便秘になりやすくなります。酵素と食物繊維を一緒に取ると、代謝が上がって老廃物を便と一緒に排出しやすくなります。酵素の入った青汁を飲むことは、便秘の解消だけでなく、美容にも効果があるといえるでしょう

 酵素は熱に弱いという特徴があるため熱を使う料理などでは摂りにくいのが難点です。青汁は水や牛乳、ヨーグルトなどに混ぜて食べることができるため、熱に弱い酵素との相性はバツグンです。


乳酸菌が配合されている

 人間の腸内には毒素を出すなどして便秘の原因を作ってしまう悪玉菌と、その悪玉菌を退治してくれる善玉菌が住んでいます。善玉菌の活動を活発にさせるためには、善玉菌の栄養となる食物繊維を摂ることも効果的ですが、善玉菌そのものを摂取する方法もあります。

腸内だけに限らず、身体全体を健康に保つために大切なことは、善玉菌が優位に立つように腸内のバランスを整えることです。悪玉菌はいても、それ以上に善玉菌がいるという状態にするわけです。乳酸菌や食物繊維を多く含んだ食事の摂取、ストレスのかからないような生活スタイル、睡眠不足を防ぐ、適度な運動など、心身共に健康的な毎日を送ることが望ましいでしょう。
引用元:乳酸菌ラボ

 青汁の中には、乳酸菌が配合されているものがあります。この乳酸菌こそが、善玉菌そのものなのです。乳酸菌を青汁の食物繊維と一緒に摂取することで、体内で効率的に乳酸菌を増やすことができます。食物繊維は乳酸菌が繁殖するために必要な栄養分で、その栄養分と一緒に体の中に入ることができるためです。

 単に乳酸菌だけを摂取するよりも効果は大きくなるわけで、これによって善玉菌をさらに増加させることが、腸内環境の良化と便秘解消につながっています。乳酸菌の働きが、青汁によってパワーアップしているのです。

 乳酸菌は牛乳やヨーグルトにも含まれているため、粉末タイプの青汁を牛乳に溶かしたり、ヨーグルトに混ぜて食べることでより効率よく摂取することができます


便秘に効果的な青汁の選び方・飲み方

 便秘の改善のために青汁を飲むなら、食物繊維が豊富で便秘解消が期待できる青汁を選ぶことがポイントです。食物繊維が善玉菌をサポートするとともに、腸壁を刺激し、体にとって有害な物質を巻き込んで便と一緒に排出してくれます。

 青汁で使われる原材料の中でも食物繊維が多いのは大葉若葉です。大葉若葉はキャベツの10倍の食物繊維を含んでおり、美肌効果のあるビタミンCも豊富です。

 便秘改善のために青汁を飲むときに、一緒に摂取したいのが酵素です。酵素は体の代謝を上げてくれるため、老廃物を排出しやすくしてくれます。

 食物繊維は便の排出をスムーズにすると同時に、腸内で毒素を出す悪玉菌を退治する善玉菌のサポートも行ってくれます。善玉菌を増やす方法として乳酸菌の入った青汁を選ぶこともポイントです。乳酸菌は牛乳やヨーグルトにも含まれているため、牛乳やヨーグルトと一緒に摂るとさらに効率よく善玉菌を増やすことができます。


青汁で逆に便秘になってしまう方

 便秘解消のために青汁を使いたい方と思っている方が多い一方で、極まれに青汁が逆に「便秘を引き起こしてしまう」こともあるようです。

これは青汁に含まれている食物繊維の種類とも関係してきます。食物繊維には「水溶性」のものと「不溶性」のものが存在しており、不溶性のものは水分を吸収して便のかさをふやし、腸のぜんどう運動を助けることで、便秘解消の効果があるとされています。
ところが、不溶性食物繊維の摂りすぎは、かえって便から水分を奪い便の滑りが悪くなって、結果的に便秘につながることもある様です。特にモロヘイヤや明日葉など、青汁に含まれているような成分にも不溶性食物繊維の多い原材料があるので、青汁を飲み始めてから便秘が発生している方はその飲みすぎが原因かもしれません。ヨモギ、パセリなどもこれに含まれます。
青汁によって便秘解消の効果が得られない場合、食材の水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の割合を比べてみたほうが良いでしょう。

更に、腸そのものがストレスなどが原因で弱っている場合、青汁が腸を刺激しても十分な効果が得られない場合があります。



便秘に効果的な青汁の飲むタイミング

青汁を使った便秘解消には、腸の動くタイミングを考えて青汁を摂取する時間を決めるとよさそうです。 これは、夜の22時から翌2時までの間が体の「副交感神経」の働きが活発になり、これに応じて腸の働きも活発になります。 この時間の間に青汁などを摂取しておくと効果的でしょう。

一つ気を付けたいのが、眠る直前には飲まないということです。食べたり、飲んだりしてからすぐに眠るのは、腸の働きを弱めてしまいます。 また、腸の動きが気になって安眠を妨げたり、気分が悪くなってしまうことがあります。

よって、就寝3時間前くらいには飲み終えていることが望ましいでしょう。

便秘に効果的な青汁を比較

 便秘を改善するためには、食物繊維が豊富な原材料を使用している青汁が効果的です。
 「フレッシュフルーツ青汁」は食物繊維が豊富な「大麦若葉」や、体の代謝を上げる酵素善玉菌の一種である乳酸菌を含んでおり、便秘解消にイチオシの青汁です。

多くの青汁を一目で比較したい場合は、こちら↓の一覧表をチェックしてみてください。

一目でわかる!人気30種類の青汁の全成分調査表はこちら。



便秘に効く青汁の特徴まとめ

 青汁には様々な野菜が原料として使われるため、より食物繊維の豊富な野菜を使用している青汁を選ぶことで便秘改善効果を高めることができます。

 また、青汁は酵素や乳酸菌との相乗効果で腸内環境を良化させることができるため、原料の野菜と一緒に含まれている成分もチェックしてみてくださいね。
青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験!

人気のすっきりフルーツ青汁を徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら