トップページ >  > 青汁の効率的な飲み方まとめ

青汁の効率的な飲み方まとめ

青汁の効果を最大限にする飲み方

青汁を飲むと得られる効能は?


青汁の最も効果的な飲み方は、なんといっても長く飲み続けることです。 毎日コップ1杯でもよいのでとにかく続けることで効果を得やすくなるのが青汁の特徴です。

青汁は医薬品ではないので、はっきり言って即効性はないのですが、 青汁の豊富な栄養素を摂取し続けることで体内環境が整えられ、 健康的な体に近づくことができるのです。

まずは、飲み方に自分なりのルールを作ることです。 飲むタイミングを決めておけば、飲み忘れの心配がありませんね。

飲むタイミングは目的によっておすすめが違います。

青汁を飲むタイミングというものはとても重要で、同じ青汁であっても飲むタイミングによってその効果が大きく異なります。

青汁には豊富な栄養素が含まれているため、摂取して体に取り込むことで様々な効能をえることができます。

しかし自分が得たい効果がどれなのかによって飲むタイミングも異なるので、タイミングによる効果の違いを正しく知ることが重要になってきます。

青汁を飲むおすすめのタイミング5つ


起床後~朝食時は栄養補給にいい


青汁にはβカロテン、ビタミンC、カルシウム、食物繊維などの栄養が含まれています。栄養補給が目的で青汁を飲む場合朝食時に飲むのがベストです。

朝起きた直後は確実に空腹になっているため、栄養の吸収率が高いためです。このため、昼や夜に青汁を飲むよりも、効率的に栄養を吸収できるのです。

さらに、寝起きは水分やエネルギーが足りない状態になっています。寝ている間にかく汗は呼吸による水分の放出も含めると500ml以上にもなります。

起床後は睡眠時に水分を大量に失っていますし、睡眠のためにエネルギーも使用しています。体の中はエネルギーなどが空っぽの状態となっているため、このタイミングで青汁を飲むことで速やかに水分を補給すると共に、これから始まる1日に必要なエネルギーの補給も行うことが出来ます。

朝は何かと仕事などに行く準備などで忙しいですので、朝食を抜いてしまう人も少なくないと思いますが、青汁を起床後に飲むことにより栄養不足なども補い1日を健康に始めることが可能になります。

また、便秘対策としても朝はいいタイミングのひとつです。これは朝一番で青汁の食物繊維を摂取することで腸の働きが活発になり、排便が促進されるからなのです。朝食を取ると、胃腸が刺激されて排便につながるとされていますが、青汁に含まれている食物繊維によって、この刺激をさらに強めるというわけです。


空腹時~食前は糖尿病予防にいい

「食べ順ダイエット」をご存知でしょうか。食事をする際、タンパク質や炭水化物を摂る前に野菜を食べると、血糖値の急激な上昇が抑えられることを元にしたダイエット方法です。この最初に食べるべき野菜を、青汁で代用することができます。

引用元:青汁の飲む時間は朝?それとも夜がいい?|青汁部


空腹の状態で急に食事を摂取すると血糖値の急激な上昇を招くことになります。このとき、血糖値を下げるために膵臓からインシュリンが大量に分泌されるのですが、これを繰り返しているうちに膵臓が疲れてうまく働かなくなってしまいます。

この体にとってよくない状態が続くと、糖尿病などの病気に繋がることも考えられます。しかし空腹時に青汁を飲むことで食事中の血糖値の上昇を防ぐことが出来ます。

青汁に含まれる水溶性食物繊維は糖質の吸収も抑える効果がありますので、血糖値の急激な上昇によるインシュリンの大量分泌を避けられます。これによって糖尿病の発症を防いでくれます。

糖尿病予防のために青汁を飲む場合は、食事前がベストタイミングといえるでしょう。

ただし、糖尿病予防が目的の場合は砂糖や添加物などが入っていないものを選びましょう。飲みやすくするためにはちみつなどで甘味を加えたものがありますが、食前に甘いものを摂ってしまうと血糖値が高くなってしまいます。


空腹時~食前はダイエットにもいい

青汁ダイエット 青汁ダイエットを目的としている場合も、食事前がベストタイミングです。

青汁に含まれる食物繊維は、お腹の中で膨らんで満腹感を得る効果があります。さらに、満腹中枢を刺激することで食べ過ぎ防止にも繋がるのでダイエット効果も生まれることになるでしょう。

また、糖尿病予防の項目でも触れていますが、食物繊維は糖の吸収を穏やかにして血糖値の上昇を抑制します。血糖値の上昇を抑制することでインスリン分泌を抑制でき、脂肪としてたまりにくくなります。


運動後に飲むと代謝アップ

青汁は栄養素が含まれており、その中には血流改善効果やそれによる代謝アップの効果などもあります。

特に運動後のタイミングで青汁を飲むことにより運動で失われた水分を補給すると共に代謝アップを促進させダイエット効果を高めることや、運動で疲れた筋肉や体に対し回復に必要となる栄養素を効率よく補給することが出来ます。

運動は有酸素運動を行った後のほうがさらに効果的ですので、運動の際には青汁を準備しておくと良いでしょう。運動は毎日行えない人も多いと思うので、運動しない日の飲み忘れにご注意ください。


就寝前は安眠と便秘解消にいい

青汁と睡眠 就寝前に青汁を飲むことで安眠効果を得ることも出来ます。

青汁の中にはケールを主な原料としている製品がありますが、このケールには睡眠を促すメラトニンという物質が含まれているのです。

メラトニンは人間の体内でも分泌されている物質で、俗に「睡眠ホルモン」といわれています。就寝前にケールの青汁を飲むことで、メラトニンの効果によって睡眠が促進され、ぐっすりと眠ることができるというわけです。

医療機関で処方してもらえる睡眠導入剤や、市販されている睡眠補助薬と異なり、習慣性がないというのがメリットです。

そのため普段なかなか寝付けない場合や眠りが浅い人は、夜に青汁を飲むのがいいでしょう。

便秘解消のために青汁を飲む場合も睡眠前がオススメです。就寝前に飲むことで寝ている間に腸の働きが活発になり、朝のお通じが期待できます。

ただし、食物繊維を摂ることで腸の動きが気になって眠れなくなることもあるので、動きが気になる場合は飲む時間帯を就寝する少し前にずらしましょう。


効果が出やすい青汁の選び方って?

青汁は飲むタイミングも重要ですが、青汁そのものの栄養素も見逃せません。

タイミングが同じでも、青汁が違えば効果も変わります。

青汁の効果を最大限発揮するなら、目的に合った青汁を、目的に合ったタイミングで飲むことが一番です。

栄養補給や、朝の食事代わりに青汁を飲む場合は、ビタミンなどの栄養価が高く、飲みやすい味付けのものがベストです。

血糖値の抑制やダイエット目的の場合は、食べ過ぎを抑える食物繊維を重視し、砂糖が加えられているものは避けましょう。

便秘解消が目的の場合はオリゴ糖や乳酸菌が含まれているものがオススメです。乳酸菌はヨーグルトでも摂れるので、水でなくヨーグルトに混ぜて飲むのもいいでしょう。

自分の目的に合った青汁選びは、多くの青汁を一目で比較できるこちらの一覧表をチェックしてみてください。

一目でわかる!人気30種類の青汁の全成分調査表はこちら。



まとめ~青汁を飲むタイミングを決めて継続的な摂取を

青汁は1回や2回飲んでもその効果を得ることは出来ません。たくさん飲んだら効果が高まるものでもないので、自分に合ったタイミングで決まった量を無理なく継続的に飲み続けることが重要となります。

タイミングにより効果も違うので、目的に合わせた時間に摂る習慣をつけたいですね。タイミングだけではなく、青汁自体も目的に合わせて使い分ければ、期待する効果がさらにあらわれやすくなります。

青汁を生活の中にじょうずに組み込んで、青汁の効果や効能を最大限に引き出しましょう!
青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験!

人気のすっきりフルーツ青汁を徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら