トップページ >  > 青汁は苦い?飲みやすい青汁ってあるの?

青汁は苦い?飲みやすい青汁ってあるの?

飲みやすい青汁の特徴  野菜を毎日食べていますか?厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量は350g以上ですが、現代人は平均80g不足していると言われています。野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維などが含まれており、体調管理に役立つため、毎日たくさん食べたい食材です。

「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21(第2次)) 厚生労働省 」では、健康を維持するために必要な野菜の摂取目標量を成人1日当たり350g以上としており、同省の国民健康・栄養調査(平成25年)によると、1日当たり平均摂取量は283.1gで、目標の81%程度となっています。
年代別にみると、全ての年代で野菜の摂取目標量に達していません。特に、20~40代で少なく、目標の66~70%程度となっています。
引用元:関東農政局

 しかし、野菜が苦手だったり、忙しくてインスタント食品などに頼ってしまったりして野菜不足になってしまう人も多いと思います。子供がなかなか野菜を食べてくれないこともあるでしょう。そんなときに役立つのが青汁です。

 青汁というと昔流れていたCMの影響もあり、今でも「苦い」「まずい」というイメージがぬぐえませんね。 けれども、現在ではかなり商品開発がすすんでおり、おいしくて飲みやすい青汁もたくさん出回っています

 では、おいしくて飲みやすい青汁はどのように選べばいいのでしょうか。おいしい青汁を選ぶ3つのポイントをまとめました。


青汁は主原料によって味は変わる

 青汁は「緑黄色野菜をすり潰したもの」の総称なので、一口に青汁と言ってもまったく異なる野菜が主原料となっていることもあります。

 青汁によく使われる原料にはケールや大麦若葉があります。苦い青汁はケールを主体にしているものです。ケールは野菜の王様といわれるほど栄養価が高いのでが、苦みがあることが特徴です。ケールのみで作られている青汁は苦くて飲みにくく感じるかもしれません。

 大麦若葉も栄養価が高く、マグネシウム、食物繊維、SOD酵素などを含有しています。大麦若葉の青汁は比較的飲みやすく、ケールに比べてまろやかさがあります。

 その他にも明日葉、桑の葉、緑茶、長命草などを使用した青汁もあります。明日葉はスーパーでも見かける野菜でおいしく食べることができます。桑の葉や長命草などの青汁は、それだけでなく大麦若菜などとブレンドされていることが多いので、苦みが和らいでいます。

 また、最近の野菜は品種改良することで苦みが抑えられています。苦みが強いケールも昔に比べて飲みやすいです。


飲みやすい工夫

 甘味や緑茶、フルーツなどを加えて飲みやすくしている青汁もあります。

 甘味としては、はちみつが使われることがあります。はちみつの優しい甘さが加わり、子供でも飲みやすい味です。はちみつにはオリゴ糖やミネラルなどが含まれています。オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになる糖分で、青汁の食物繊維とはちみつのオリゴ糖の働きで便通がよくなることが期待できます。

 砂糖も甘さを加えることができるので、砂糖を加えてもいいのでは?と思うかもしれませんが、青汁と砂糖の相性はあまりよくありません。また、白砂糖はミネラルが取り除かれてしまっているため、健康のために飲む青汁にはふさわしくないです。

 緑茶や抹茶を加えた青汁もあります。さっぱりした大人の味で食事やおやつとの相性がよいです。お茶替わりにほっとしたいときに飲むのにも適しています。緑茶や抹茶は子供には飲みにくそうですが、牛乳に混ぜることで飲みやすくなります。

 また、最近はフルーツを加えた青汁もあります。フルーツは美味しいだけでなくビタミンが豊富なため、青汁と相性がいいといえるでしょう。


製法による違い

 青汁には冷凍と粉末があります。飲みやすいのは粉末青汁です。

 冷凍青汁は絞った野菜をそのまま冷凍しているため、野菜の青臭さや苦みが強くでます。しかし、野菜の品種改良や製法の進歩によって飲みやすくはなってきています。

 粉末青汁は牛乳や豆乳に溶かしたり、料理に活用するなどできるため、冷凍青汁に比べて飲みやすいです。はちみつや緑茶を加えるなどもできるので、他の味で苦みを抑えることもできます。子供が野菜嫌いの場合、チャーハンに混ぜたり、パスタソースに混ぜてしまうといいでしょう。

 粒タイプの青汁もあります。口に含んだときに若干苦みを感じるかもしれませんが、すぐに飲み込んでしまえば味を気にせずに青汁を摂れます。


おいしい青汁の選び方

 飲みやすい青汁を選ぶポイントは主原料の野菜・その他の原材料・製法の3点をチェックすることです。

 青汁は緑黄色野菜を原料とした飲み物の総称なので、使用されている野菜によって飲みやすさが大きく変わります。まろやかで飲みやすいと言われているのは大麦若葉を主原料とした青汁です。また、明日葉はスーパーにも並んでいる野菜なので、比較的美味しいと言えるでしょう。

 一緒に含まれている材料として、フルーツやはちみつが入っている青汁は飲みやすいでしょう。特にフルーツならビタミンが豊富なものも多いため、より効率よく栄養を摂ることができます。

 青汁には冷凍と粉末のものがありますが、粉末のほうが牛乳に溶かしたり、料理に混ぜて食べることができるためおすすめです。


飲みやすい青汁の成分を比較

 おいしい青汁を選ぶためには、青汁の原材料をチェックしてみましょう。
 「フレッシュフルーツ青汁」はストロベリーエキスが入っているとても飲みやすい粉末青汁です。使用している野菜も飲みやすいとされている「大麦若葉」「明日葉」であるため、おいしく続けたい方に一押しの青汁と言えるでしょう。

多くの青汁を一目で比較できる、こちら↓の一覧表をチェックしてみてください。

一目でわかる!人気30種類の青汁の全成分調査表はこちら。



飲みやすい青汁の特徴まとめ

 青汁は現代人の慢性的な野菜不足の解消に役立つ飲み物です。豊富な食物繊維とビタミン・ミネラルを含んでいるため、野菜不足で起こりやすい便秘や肌荒れなども改善してくれます。

 しかし、苦くてまずいイメージがあり、特に野菜が苦手な方だと飲むことをためらってしまうでしょう。しかし、野菜が苦手な方こそフルーツなどの入った美味しくて飲みやすい粉末青汁を摂取するべきです。

 粉末タイプのものなら食事に混ぜて食べてしまうこともできるため、毎日おいしく青汁を飲みやすいです。味が合うか心配な方は初回割引のある青汁を試してみるといいでしょう。
青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集

すっきりフルーツ青汁を体験!

人気のすっきりフルーツ青汁を徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
フレッシュフルーツ青汁を体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を飲んでみました!

フレッシュフルーツ青汁体験レビューはこちら