トップページ >  青汁の健康法を特集 >  青汁は貧血予防にいい理由

貧血予防にいい鉄分が多い青汁の選び方とおすすめ

貧血で悩む女性 若い方を中心にして、貧血になってしまうので悩む方がいます。
貧血は血液の中にある造血効果が高い赤血球の数が減少してしまうので、体の中に十分な酸素や栄養成分が運ばれなくなったことが原因で起こってしまうものです。

鉄分は、赤球血のヘモグロビンを増やすときには重要な役割を担っています。
鉄分を効率よく体の中に摂取していくためには、青汁を飲む方法が効果的です。

青汁なら、飲んだら体の中に鉄分が吸収されやすい形になっています。
それだけではなくて、その他のカルシウムや食物繊維や亜鉛や各種のビタミン類やミネラル類なども青汁の中には配合されています。

ここでは、青汁の貧血予防効果について詳しく見ていきましょう。


青汁が貧血予防にいい5つの理由


青汁には鉄分が含まれているため


貧血状態を改善したいと考える場合には、血液中のヘモグロビン量に注目する必要があるとされています。

一般的には貧血の原因となってしまうのが鉄分の摂取不足によるものとされており、鉄分を積極的に摂取することによって、ヘモグロビンの量を増加させることが可能になります。

実際に青汁を毎日摂取することで血液中のヘモグロビンを増加させることができたとする報告がなされているのです。

それから鉄欠乏性の貧血に陥りやすい原因とされているのは食習慣だけではなく、胃を切除した人や慢性的な出血がある人も該当しますので、思い当たる人は慎重に改善策を検討する必要があります。

それから女性は生理による出血がありますので、この鉄欠乏性による貧血に陥りやすく、青汁の積極的な摂取が推奨されているのです。


青汁にはビタミンCが豊富に含まれているため


貧血状態の改善には鉄分の摂取が重要となるのですが、ビタミンCを鉄分と同時に摂取することで吸収効率を上昇させられることが判明しています。
この吸収効率の上昇は非常に重要であり、吸収の悪い鉄分を効果的に血液中への取り込みを可能とするものなのです。

貧血で医療機関を受診したとき、治療薬として鉄剤とともにビタミンCが出てくる理由はここにあります。
抗酸化力の強いビタミンCが血液中へ吸収しやすい還元型の鉄へ変化させる機能を有しているところを利用しているのです。


青汁には亜鉛が含まれているため


血液中のヘモグロビン量を増加させるためには、鉄分だけではなく亜鉛も必要となることが判明しています。

貧血というと、鉄分ばかりに目が行きがちなのですが、実は亜鉛不足も貧血になるということが分かっています。 亜鉛は、丈夫な赤血球を作るために必要な栄養素です。血液検査で、貧血と診断される割合は女性の1割強と言われていますが、その中で5割近くが亜鉛不足の貧血です。 ですから、貧血改善に鉄分を摂取していても、症状が改善されないという場合は、亜鉛不足を疑うべきなのです。 ここでも青汁の成分が活躍します。鉄分と亜鉛がしっかりと摂取できていると、多くの貧血患者は症状が改善します。

出典:亜鉛不足がもたらす症状



亜鉛は体内で合成できないミネラルなので、食事から摂取するしかないのですが、実は青汁からも摂取することができます。
特に大麦若葉には亜鉛が多く含まれているため、貧血改善効果が期待できます。
青汁に含まれている亜鉛によって、貧血状態の改善を期待できるのです。


青汁には葉酸が含まれているため


青汁に含まれている葉酸はヘモグロビンの生成に大きく関わっていることが知られています。
積極的に摂取することでヘモグロビンの量を増加させることができるとされています。

また葉酸は赤血球の生成のみならず細胞を生まれ変わらせる機能を有しているとされており、不足してしまうと口内炎の原因となってしまうとされています。

さらに遺伝子レベルに関しても重要な働きがあり、この葉酸が継続的に不足状態になると、不妊やガンのリスクが高まってしまうなどの報告がなされています。

この葉酸を普段の食事習慣において十分に摂取することは難易度が高いので、毎日の食習慣に青汁を加えるだけで飛躍的に葉酸の摂取量が増加すると考えられているのです。


青汁にはビタミンB群が含まれているため


貧血の改善にはビタミンB12が非常に重要で、さらにビタミンB群が連動して効果をアップさせます。
つまりビタミンB群が豊富に含まれている食品を摂取することで貧血の早期改善につながります。

動物性の食品としては豚肉が代表格とされています。そして植物性の食品を豊富に含んでいるのが青汁であり、普段の食事習慣に加えるだけで理想的な栄養バランスとなるのです。
この理想的な栄養バランスを維持することによって、貧血改善だけではなくアンチエイジング効果にもつながるので、健康的に長生きをするための食生活に青汁は欠かせないアイテムとなるのです。




青汁の定番「ファンケル」「えがお」は貧血にいいか成分チェック


【ファンケルの青汁】


【原材料名】
ケール(国内産)、水溶性食物繊維、でんぷん分解物、植物性ツイントース(オリゴ糖)

【主要成分/1本4.5g当たり】
食物繊維:0.85~1.8g、ナトリウム:4.8~11mg、カリウム:46~141mg、カルシウム:33~78mg、マグネシウム:6.5~15mg、 鉄:0.08~0.15mg、β-カロテン:153~787μg、ビタミンC:17~53mg、ビタミンE:0.20~0.73mg、ビタミンK:46~95μg、葉酸:13~30μg、 総クロロフィル:6.1~13mg、SOD様活性:6500~18000単位、ルテイン:0.39~1.1mg、植物性ツイントース:500mg

ケールは小松菜の4倍の鉄分といわれていますが、実際に青汁に入っている量をみてみましょう。 貧血にいい成分をみてみると、ビタミンCは多く、亜鉛はなし、ビタミンB・葉酸・鉄分はたくさん含まれているわけではないようです。



【えがおの青汁】
【原材料名】
大麦若葉粉末、 還元麦芽糖水飴、 麦芽糖、 アガベ・イヌリン (食物繊維)、 抹茶粉末、 ボタンボウフウ粉末 (長命草【沖縄県産】)、 発酵黒生姜粉末、 有機ケール粉末、 有機桑葉粉末、 植物性乳酸菌、 レッドクローバーエキス粉末、 貝カルシウム 、 酸化マグネシウム、 ビタミンB6、 ビタミンD、 葉酸

【栄養成分(1袋あたり)】
熱量 9.17kcal / たんぱく質 0.39g / 脂質 0.09g / 炭水化物 2.78g / ナトリウム 0.75mg / 葉酸 189μg / ビタミンK 39.9μg / カルシウム 10.1mg / マグネシウム 4.51mg / ビタミンB6 1.49mg / ビタミンD 2.34μg / 食物繊維 0.96g(炭水化物の量に含まれます)

大麦若葉を主体としたえがおの青汁は、鉄分、亜鉛、ビタミンCの栄養成分への記載はないということはそれほど多くふくまれてないようです。 葉酸、ビタミンB系は比較的多いようです。

貧血だけでみるとファンケルの青汁はビタミンC、カロテン(ビタミンA)はたくさん入っているものもの、 以外は貧血対策成分がそれほどあまり入っていないようで、実際にはケールより大麦若葉のほうが2倍以上の鉄分が入っていることがわかります。

ケールは貧血にいいの?

貧血に対策には、鉄分、亜鉛、ビタミンC、葉酸、ビタミンB が良いとされています。

よく「貧血症状がある人や貧血気味の人の鉄分対策には、ケールが入った青汁をお勧め」です、 と書いてあるサイトが多いですが、本当のことを言っているのでしょうか。 本当にケールが貧血対策に良いのか成分表を見て実際に確かめてみましょう。

例えばファンケルの青汁は、基本的にケールだけなので 成分表を見れば、ケールの貧血に鉄分やビタミンやミネラルの量がよくわかります。 ファンケルの成分はこちら

こちらのページを見ると、ケールを大麦若葉の成分を比較図があります。 鉄分の部分をよく見てください。

ケールは大麦若葉の0.4倍と書いてあります。 大麦若葉の方がケールより 2倍以上も鉄分が含まれているのです。また摂取しつらいビタミン Bや葉酸も 大麦若葉の方が多いのがわかります。

もちろん、ケールは、ピタミン Cやカロテン、マグネシウムなどは大麦若葉より多いので、一概にどちらが良いとは言えませんが 貧血対策に良いという成分に注目すると、大麦若葉の方が優れているといえそうです。

少なくともケールだけでは貧血対策に向いている成分構成とは言えないといえます。

貧血対策に青汁を飲むなら、選び方に注意


ここまで青汁の貧血予防効果を見てきましたが、すべての青汁が同じように貧血にいいとは限りません。

青汁によって原材料や栄養成分の配合はさまざまなので、効能もそれぞれ違ってきます。
たとえば、便秘やダイエットに特化した青汁だけを飲んでいたら、貧血予防効果の期待度は低くなります。

原材料をチェックして、貧血に効果のある青汁を選ぶようにしましょう。

妊娠中の貧血対策について


妊娠中、特に妊娠初期の時期は特に貧血になりやすいことで知られています。

これは、血液中で酸素を送り届ける役割をしているヘモグロビンの原料となる鉄分が、赤ちゃんの体に優先的に送り込まれることで発生します。また、つくられる血液そのものの量も増加する一方で、ヘモグロビンの増加量が追い付かなくなることも原因なようです。
更に、妊娠初期にはつわりなどで食事が満足に取れない方もおり、これが貧血の原因の一つとなっている場合があります。


貧血で悩む女性 これらの対策として、動物性食物に含まれる「ヘム鉄」と野菜などに含まれる「非ヘム鉄」をバランスよくとることで、不足した鉄分を補い、ヘモグロビンの増加を助けることができます。青汁などで摂取できるのは野菜などに含まれる「非ヘム鉄」のほうです。こちらは吸収があまり良くないのですが、タンパク質やビタミンCと同時に補給すると吸収効率をよくすることができます。妊娠中の貧血でお悩みの方には「鉄分」の含有量のほかに「ビタミンC」の含有量にも注意して、青汁を選びましょう。

例えば緑茶などの食材には、カフェインがしっかり含まれているので 妊婦さんの貧血対策の青白選びでは、対象外の商品になります。 クセのある青汁を飲みやすくするために、緑茶や抹茶などを加えている場合が多くあります。妊娠中の母体はカフェインを分解するのに時間がかかるため、それらに含まれるカフェインが胎児に影響を及ぼし、流産や早産につながってしまう恐れります。

カフェインといえば、コーヒーやチョコやコーラなどが思い出されますが、 お茶関連にも含まれているので注意してください。

青汁の場合、ケールや大麦若葉以外に、緑茶系の食材を追加することはよくあります。 お茶の中では、まず紅茶、抹茶、玉露は、カフェインがとても多いので絶対に避けたほうがいい食材です。
煎茶、緑茶、番茶、玄米茶、ほうじ茶、ウーロン茶は、カフェインはとても多くはありませんが、 やはりカフェインがしっかり含まれているので避けた方が良いと思います。

お茶の中では麦茶だけはカフエインが0なので問題ありませんが、 青い汁に含まれるケースはほとんどないので、成分表にお茶の「茶」という字が入っていたら とりあえずさけるようにしましょう。 「ノンカフェイン」の記載のある商品が一番安全かもしれません。

また、味の調整のために糖分が含まれて果糖青汁も多いため、糖分を含むものに関しては飲みすぎに注意しましょう。具体的には「原材料名の上のほうに『果糖』『ブドウ糖』と書かれている場合です。特に妊娠中の母体は血糖値が上がりやすく、糖分の摂りすぎは、「妊娠糖尿病」さらに悪化すると「糖尿病合併妊娠」となり流産などの原因となる場合があります。

貧血気味の妊婦さんの青汁選びには「カフェイン」「糖分」に関する留意が必要です。

貧血に効果的な青汁まとめ

貧血に対策には、鉄分、亜鉛、ビタミンC、葉酸、ビタミンB がしっかりと入っている青汁を選びましょう。
鉄分、葉酸、ビタミンBに関しては「ケール」より青汁 のは「大麦若葉」の方が鉄分が2倍以上も含まれているのとおすすめです。

貧血対策ならば大麦若葉ベースの青汁で、他にもたくさん食材が追加された青汁がいいです。
最近では、ビタミン Cのこういう食材を追加した青汁も増えているので、それらを選ぶと良いでしょう。 ビタミン C は、比較的どんな食材や食べ物にも含まれていて 摂取しやすい成分なので、あまり気にする必要はないと思います

選べ、とは言っても、各メーカーから発売されている大量の青汁をひとつひとつチェックしていてはキリがないですよね。
そこで、人気の青汁の原材料を調査し、効能ごとに分類してまとめてみました。
その中から、貧血への効果が期待できる青汁をピックアップしたものが以下の表です。

青汁にはさまざまな効能がありますので、自分の他の悩みと照らしあわせてみて、気になるものがあったらぜひチェックしてみてください。


ビタミ
ンミネラル
便秘
改善
お肌
改善
骨を
丈夫
ホルモン
バランス
冷え
貧血
リラックス
睡眠
疲労
回復
青野菜の栄養 コスト
総評

フレッシュフルーツ青汁



すっきりフルーツ青汁


美感青汁


めぐりごごち 楽・月・花


ベジパワープラス

スマホの場合、表は右(→)にスライドします

ここで紹介したのはほんの一部です。もっと多くの青汁を一目で比較したい場合は、こちらの一覧表もチェックしてみてください。

一目でわかる!人気30種類の青汁の全成分調査表はこちら。


まとめ


青汁には鉄分、ビタミンC、亜鉛、葉酸、ビタミンB群など、貧血の方にうれしい栄養成分がたくさん含まれています。
そのため、美容やダイエットだけではなく、貧血で悩む方にも青汁はおすすめできます。

ただ、青汁によって効能は違ってきますので、原材料をチェックして、貧血対策効果が高いものを選びましょう。
当サイトが力になれれば幸いです。

青汁は薬ではありませんので、すぐに効果が出るというわけではありません。
ただ、貧血以外にも美肌や便秘解消、野菜不足解消などの嬉しい効果がたくさんあるので、そちらの効果が出てくる可能性も十分あります。

ですので、気長に体質を改善していこうという気持ちで続けてみてくださいね。


青汁を配合成分で評価!

女性の美容と健康にいい青汁を、配合成分で評価しました!

フレッシュフルーツ青汁体験!

人気の青汁フレッシュフルーツ青汁を実際に飲んでみた

フレッシュフルーツ青汁の効果と口コミレビュー

女性の悩みを解消する青汁成分

青汁の配合成分を徹底評価

青汁の健康法を特集